スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

萌郁「なに、してるの……?」岡部「ん?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 04:17:13.65 ID:zp3u3Zuu0

岡部「なにってゲームだが……」

萌郁「なんの、ゲーム……?」

岡部「この大きいのを倒すゲームだ。やってみるか?」

萌郁「……」コク

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 04:18:27.78 ID:rW7qMbpT0

さてはワンダと巨像だな?!

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 04:18:36.94 ID:8BO7P4oYO

オカリンならもちろんゴッドイーターだよな

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 04:19:53.99 ID:/Ut+Cjl/0

地球防衛軍だな

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 04:21:17.44 ID:zp3u3Zuu0

萌郁「どう……やるの……?」

岡部「こいつの体を登っていって弱点を攻撃するんだ」

萌郁「弱点……どこ……?」

岡部「それを探すのも醍醐味のひとつだ、自分でやってみろ」

萌郁「……」コク

……………………

萌郁「登れ、ない……」

岡部「どれ、貸してみろ」

……………………

萌郁「そこから、だったんだ……」

岡部「ほら、一匹目は練習だ、やってみろ」

萌郁「……」コク

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 04:22:07.46 ID:nIvaB+9Bi
ワンダか

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 04:23:13.56 ID:z5D6GFD80

できる>>2がいると聞いて

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 04:23:27.38 ID:zp3u3Zuu0

岡部「そうだ、そうやって剣で光をあてて……」

萌郁「こう……?」

岡部「そうだ、そして光が集まっている所を調べるんだ」

萌郁「……」コク

……………………

萌郁「あ……」

岡部「大丈夫だ、もう一度」

萌郁「……」コク

岡部「そうだ、上手いぞ」

萌郁「…………///」

岡部「よし、そこから登るんだ」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 04:25:07.78 ID:/Ut+Cjl/0

萌郁「あ……」

岡部「大丈夫だ、もう一度」

萌郁「……」コク

岡部「そうだ、上手いぞ」

萌郁「…………///」


ここだけ抜き出すと卑猥

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 04:27:05.96 ID:zp3u3Zuu0

萌郁「ここから……どうするの……?」

岡部「ほら、あの光っている紋章があるだろう」

萌郁「……」」コク

岡部「あそこを剣で刺すんだ」

萌郁「どうして、刺すの……?」

岡部「そうしなければ倒せないだろう」

萌郁「……なんで、倒すの……?」

岡部「それは、ほら、女の子を蘇らせるために……」

萌郁「女の子……死んでるの……?」

岡部「ああ……」

萌郁「そう……なんだ……」

岡部「…………」

萌郁「…………」カチカチ

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 04:29:53.67 ID:zp3u3Zuu0

萌郁「…………ようやく……倒した……」

岡部「うむ、初めてにしてはなかなかだな」

萌郁「これで……いい……?」

岡部「ああ」

萌郁「あ……!」

岡部「ん?」

萌郁「黒いのに……」

岡部「ああ、それは平気だ」

萌郁「平気……なの……?」

岡部「そういう仕様だ」

萌郁「そう……」

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 04:31:45.54 ID:zp3u3Zuu0

萌郁「これ……面白い……?」

岡部「ん? そうだな、なかなか」

萌郁「そう……」

岡部「次に進んでみるといい」

萌郁「……」コク

…………………………

萌郁「牛……?」

岡部「そうだな」

萌郁「この子も……刺すの……?」

岡部「…………ああ」

萌郁「そう……なんだ…………」

岡部「…………」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 04:34:33.17 ID:zp3u3Zuu0

萌郁「登れない……」

岡部「諦めるでない」

萌郁「踏まれ……」

岡部「危ない!!」

萌郁「!!」

岡部「あ……」

萌郁「死んじゃった……?」

岡部「いや、平気だが、早く逃げなければ」

萌郁「…………」コク

…………………………

萌郁「足……?」

岡部「そのようだな」

萌郁「どう……やるの……?」

岡部「弓矢を使え」

萌郁「弓矢……」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 04:37:34.50 ID:zp3u3Zuu0

岡部「そうだ、そうやって狙って……」

萌郁「…………」

岡部「大丈夫だ、踏まれる前にやってしまえ」

萌郁「…………」

岡部「どうした、早く撃て」

萌郁「この子……痛くない……?」

岡部「いや、相手は生き物では無いから……」

萌郁「でも……」

岡部「そうしなければこちらが殺られるぞ」

萌郁「………………」

岡部「危ない! 一旦逃げるのだ!」

萌郁「…………」カチカチ

26 :>>23最近もなにも萌郁スレは俺しか立ててないけどな:2011/08/28(日) 04:41:08.76 ID:zp3u3Zuu0

岡部「何故撃たなかったのだ」

萌郁「…………」

岡部「まあ良い。次は撃てよ」

萌郁……がんばる…………」

岡部「…………」

萌郁「…………!」カチカチ

岡部(なかなかに熱中してはいるが……)

萌郁「…………」カチカチ

岡部(なかなか攻撃しないな……)

萌郁「………………」フラフラ

岡部(あ、体動いてる……)

萌郁「…………う、撃つ……」

岡部「ああ」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 04:45:43.90 ID:zp3u3Zuu0

グワー!!

萌郁「!!」

岡部「よし、足から登っていけ!!」」

萌郁「で、でも……」

岡部「早くしなければ起き上がってしまうぞ!」

萌郁「…………」コク

……………………

萌郁「おしり…………刺すの……?」

岡部「おのようだな」

萌郁「痛く……ない……?」

岡部「平気だろ」

萌郁「でも……足撃った時……」

岡部「あれは、そういうものなのだ。ほら、力を溜めて一気に」

萌郁……………………」コク

ザクッ

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 04:48:28.47 ID:zp3u3Zuu0

萌郁「!!」

岡部「よし、振り落とされるなよ」

萌郁「あの……今、悲鳴…………」

岡部「ほら、チャンスだ!いけ!!」

萌郁「…………」オドオド

岡部「よし!今だ!!」

萌郁「…………!」

ザクッ

グワー!!

萌郁「……やっぱり……痛いんじゃ…………」

岡部「…………」

萌郁「かわいそう……」

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 04:51:53.99 ID:zp3u3Zuu0

岡部「ほら、大丈夫だから次だ!」

萌郁「あれ……弱点……ない…………」

岡部「もう一箇所あるんだろ」

萌郁「また……刺すの……?」

岡部「……そうしなければならないからな」

萌郁「…………そう」カチカチ

……………………

萌郁「あった……」

岡部「よし、このまま刺せ!」

萌郁「でも……」

岡部「大丈夫だ、痛くはない……はずだ…………」

萌郁「頭…………でも……?」

岡部「………………」

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 04:54:16.48 ID:zp3u3Zuu0

岡部「しかしな……やらなければ女の子が……」

萌郁「大切な……人……?」

岡部「そうなのだろうな」

萌郁「…………そう」

岡部「うむ……」

……………………

ザクッ

萌郁「あ…………」

岡部「倒したな」

萌郁「……」コク

岡部「どうした?」

萌郁「やっぱり…………かわいそう……」

岡部「そうかも……しれんな…………」

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 04:57:15.18 ID:zp3u3Zuu0

萌郁「岡部君……続き……」

岡部「ん? そうだな、やるか」

萌郁「……」コク

……………………

萌郁「…………ひよこ……?」

岡部「似ているな」

萌郁「この子達は……悪い子、なの……?」

岡部「………………いや……」

萌郁「それでも……倒す……?」

岡部「……そう……だな…………」

………………

萌郁「大きい、ね……」

岡部「そうだな……」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 04:59:17.96 ID:zp3u3Zuu0

岡部「おっと、よし、ここから登れるな」カチカチ

萌郁「…………」

岡部「よ、ほっ……よし」

萌郁「飲み物……持ってくる…………」

岡部「ああ、頼む」

…………………………

岡部「よし、次は腹だな……」カチカチ

萌郁「…………はい……」

岡部「おお、ありがとう」

萌郁…………」コク

岡部「よ…………ほ……」

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 05:03:55.41 ID:zp3u3Zuu0

萌郁「…………」

岡部「……ん? おい、ドクペは……」

萌郁「……無かった、から…………」

岡部「だからといって何故マウンテンデューなのだ」

萌郁「好き……かな、って」

岡部「…………まあ良い」カチカチ

…………………………

萌郁「これ、どれくらい倒すの……?」

岡部「16体だそうだ」

萌郁「そんなに……」

岡部「まあ人を蘇らせるのだからな」

萌郁「…………大変、だね……」

岡部「まあな」

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 05:07:25.13 ID:zp3u3Zuu0

萌郁「今日……他の人は……?」

岡部「それぞれ用事があるらしくてな」カチカチ

萌郁「そう……なんだ……」

岡部「まあ、気にせずくつろいでいけ」

萌郁「…………うん」

岡部「ほっ、よし」

萌郁「倒した……?」

岡部「ああ」

萌郁「すごい……」

岡部「そうか?」

萌郁「……」コク

岡部「やるか?」

萌郁「「私は……いい」

岡部「そうか」

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 05:12:26.07 ID:zp3u3Zuu0

萌郁「…………」

岡部「…………」カチカチ

萌郁「…………あの……」

岡部「ん?」カチカチ

萌郁「今日は…………ずっと、これ……?」

岡部「なんだ? 退屈になったか?」カチカチ

萌郁「…………そうでも、ない」

岡部「そうか」カチカチ

萌郁「…………」

岡部「お、これだな……」カチカチ

萌郁「………………」

岡部「よし、次は……」カチカチ

萌郁「…………岡部君……楽しそう……」

岡部「ああ、それなりにな」

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 05:14:45.30 ID:zp3u3Zuu0

萌郁「…………」

岡部「……」カチカチ

萌郁「……あ」

岡部「よ」

萌郁「…………」ホッ

岡部「よし、ほっ!」

萌郁「…………すごい」

岡部「それ……」カチカチ

萌郁「………………なんだか……」

岡部「ん?」カチカチ

萌郁「…………幸せ……」

岡部「なっ!!」

岡部「な、何を急に!」

萌郁「なんと、なく……」

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 05:16:57.24 ID:zp3u3Zuu0

岡部「…………」

萌郁「…………」

岡部「まったく……」」カチカチ

萌郁「……ごめん、なさい…………」

岡部「………………」

萌郁「……」

………………………………

岡部「さて……」

萌郁「終わり……?」

岡部「ああ、そろそろ疲れてきたしな」

萌郁「そう……」

岡部「なにか別の事でもするか」

萌郁「なに……するの……?」

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 05:22:01.34 ID:zp3u3Zuu0

岡部「そうだな……ダル達も居ないし……」

萌郁「……?」

岡部「…………」

萌郁「…………あ、あの……」

岡部「ん?」

萌郁「なに……してるの……?」

岡部「なにって、服を脱いでいるのだが?」

萌郁「どうして……?」

岡部「そんなもの決まっているだろう!!」

萌郁「!!」

岡部「女装するためだ!!」

萌郁「………………?」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 05:24:18.64 ID:zp3u3Zuu0

岡部「…………?」

萌郁「……?」

岡部「あ、いや……冗談なのだが……」

萌郁「あ……そう、だったんだ……」

岡部「いや……すまん……」

萌郁「……」コク

岡部「しかし、何をするか……」

萌郁「これ……は……?」

岡部「ん? 人生ゲームか」

萌郁「これなら、のんびり……」

岡部「そうだな……じゃあするか」

萌郁「…………」コク

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 05:26:46.01 ID:zp3u3Zuu0

岡部「…………」

萌郁「…………」

岡部「あ、保険くれ」

萌郁「……」コク

岡部「…………」

萌郁「……あ、お金……入った……」

岡部「そろそろ家か?」

萌郁「…………」コク

岡部「……俺も早く欲しいな」

萌郁「……がんばって…………」

岡部「お、転職」

萌郁「いいの……なれた?」

岡部「あ、失敗した……」

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 05:29:35.80 ID:zp3u3Zuu0

萌郁「アルバイト?」

岡部「ああ」

萌郁「私……弁護士…………」

岡部「なんだ? 自慢か?」

萌郁「…………すこし……」

岡部「ふん! 悔しくなどないぞ!!」

萌郁「…………」コク

岡部「俺様だってそろそろ株でもうける予定なのだ!」

萌郁「……がんばれ…………」

岡部「…………ぐぬぬ」

萌郁「あ、結婚だ…………」

岡部「はあ、ご祝儀か……」

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 05:33:34.03 ID:zp3u3Zuu0

岡部「お前は結婚とか考えるのか?」

萌郁「…………まだ、解らない……」

岡部「そうか……恋人とかは欲しくないのか?」

萌郁「………………それは……ほしい……」

岡部「ならば早く良い人を見つけなければな」」

萌郁「………………」コク

岡部「ま、がんばるのだな……よし、保険はだいぶ揃ったぞ」

萌郁「…………」

岡部「ほら、お前の番だ」

萌郁「…………ん」

岡部「……?」

萌郁「…………岡部君は……恋人…………作らないの……?」

岡部「俺か? 俺は科学こそが恋人だ!」

萌郁「………………そう…………………………」

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 05:34:37.67 ID:nIvaB+9Bi
もえかがんばれ

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 05:38:01.92 ID:zp3u3Zuu0

萌郁「そろそろ……ゴール……」

岡部「だな、結局お前の勝ちだな」

萌郁「でも……あんまり幸せじゃ……なかった……」

岡部「そうなのか?」

萌郁「……」コク

岡部「十分ではないか、結婚もしていて資産もあって」

萌郁「でも…………好きじゃない人……だから……」

岡部「なんだその妙にリアルな考え方は」

萌郁「人生ゲーム……だから……」

岡部「そんな事を言ったら俺なぞフリーターのままだったぞ」

萌郁「でも……幸せ……みたいだから……」

岡部「…………よく解らんヤツだな」

52 :>>50相変わらず萌郁が冷遇されてたものでつい……:2011/08/28(日) 05:43:18.34 ID:zp3u3Zuu0

萌郁「楽しかった……」

岡部「そうか、それならば良かった」

萌郁「そろそろ……お昼……?」

岡部「そうだな、何処かへ食べに行くか?」

萌郁「何でも……いい……」

岡部「そうか……じゃあ、どこか適当に行くか」

萌郁「……」コク

………………………………

岡部「適当にとはいったものの……」

萌郁「どこ……いく……?」

岡部「んーどうするか……」

萌郁「…………」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 05:47:31.30 ID:zp3u3Zuu0

フェイリス「にゃにゃ!凶真ぁ!!」

岡部「む、フェイリスか。どうしたのだ、こんな所で」

フェイリス「休憩中だったのにゃ♪ 凶真こそどうしたのにゃ?」

岡部「ああ、俺は昼飯を食いにな」

フェイリス「にゃ!だったらメイクイーンに来るといいにゃ!」

岡部「それもそうだな、お前もいいか?」

萌郁「…………」コク

フェイリス「にゃにゃにゃ!? 今日はまた別の女の子を連れてるのにゃ~」

岡部「人を軽い人間のように言うでない!」

フェイリス「でも事実だにゃ~」

萌郁「事実……」

岡部「…………ぬう……」

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 05:52:22.67 ID:zp3u3Zuu0

~メイクイーン~

ダル「オカリン爆発しろぉ!!」

岡部「ダルよ……ここに居たのか……」

ダル「フェイリスたんに同伴されて入店して、さらに桐生氏まで一緒だなんて!!」

岡部「ダルよ取り合えず落ち着いてくれないか……?」

ダル「ここが戦場だったら即射殺ものだお!!クソ!!なんでオカリンばっかり!!」

萌郁「…………」

岡部「ほら、コイツも困っているだろう……」

ダル「くっそー!!カップルみたいなやり取りしやがって!!あーもームカツクー!!」

岡部「おい……ダルよ……人の話を…………」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 05:58:42.43 ID:zp3u3Zuu0

フェイリス「にゃにゃにゃ? ダルニャン嫉妬かにゃ?」

ダル「誰がこんなヤツ!!」

フェイリス「にゃにゃぁ、ツンデレなんだにゃ~」

ダル「べ、別にボクはオカリンのことなんてなんとも……」

フェイリス「にゃにゃにゃ~」

岡部「おい、気持ちの悪い会話はその辺でやめておけ」

フェイリス「凶真はつれなにゃ。はいオムライスおまたせにゃん♪」

岡部「ああ……って。なんだこの文字は……」

フェイリス「サービスだにゃ☆」

岡部「『リア充爆殺』と書いてあるではないか!!」

フェイリス「ちょっと遊んでみただけにゃ♪」

萌郁「…………すごい…………」

ダル「今のオカリンにはちょうどいいお!」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 06:03:15.59 ID:zp3u3Zuu0

岡部「まあいい……食べてしまおう」

萌郁「……」コク

まゆり「あ、オカリンに萌郁さん。来たたんだ~」

岡部「「む、まゆりか、もうバイトか?」

まゆり「今日はちょっと早く来たのです」

岡部「そうか、ご苦労」

まゆり「ゆっくりしていってね~萌郁さん」

萌郁「……」コク

まゆり「萌郁さんは何時見ても綺麗だね~」

萌郁「そんな事……ない……」

まゆり「そんなことあるよ~、今度コス着てもらいたいな~」

萌郁「…………考えて……おく…………」

まゆり「ほんとに~、やった~」

萌郁「……」コク

57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 06:05:34.82 ID:PRpXVmCU0

萌郁さんかわいい

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 06:07:42.54 ID:zp3u3Zuu0

…………………………

岡部「さて、腹も膨れたしそろそろ帰るか」

萌郁「……」コク

ダル「僕はまだいるお」

岡部「そうか、ならば先に帰っているぞ」

フェイリス「にゃ? 凶真もう帰るのかにゃ?」

岡部「ああ、奥義習得のための特訓で忙しいのでな」

フェイリス「にゃにゃ! 凶真、まだ力を求めるというのにゃ!?」

岡部「ああ、機関打倒のためにはどんな力も利用してみせるさ……」

フェイリス「さすが凶真だにゃ!」

まゆり「じゃあねオカリン、萌郁さん」

萌郁「…………じゃあ、また…………」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 06:11:24.02 ID:zp3u3Zuu0

~帰り道~

岡部「なんだかいろんなヤツに会ったな」

萌郁「…………」コク

ルカ子「あ、凶真さん……」

岡部「ん?ルカ子か、こんな所で会うとは珍しいな」

ルカ子「あ、はい、お父さんに頼まれたものを買いに……」

岡部「そうか、偉いではないか」

ルカ子「そんな……///」

萌郁「…………」

岡部「これからも親を大切にするのだぞ」

ルカ子「はい!」

……………………………………

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 06:16:51.86 ID:zp3u3Zuu0

~ブラウン管工房前~

岡部「暇そうだな、バイト戦士よ」

鈴羽「あ!岡部倫太郎! と、桐生萌郁」

萌郁「…………」

岡部「今日もサボりか?」

鈴羽「違うよー、今は休憩中なの」

岡部「そうだったのか、いつもと通に暇そうだったから解らなかったぞ」

鈴羽「あー、ひっどーい。こう見えても色々と忙しいんだから!」

岡部「そうなのか?」

鈴羽「そうだよー、もう大変でさー」

岡部「まあ、やることがあるのなら、それはそれで良いことではないか」

鈴羽「そんなものかねー?」

岡部「こいつなんて、やることが無くて今日はずっとゲームをしていたのだぞ」

萌郁「……岡部君も…………してた……」

鈴羽「岡部倫太郎の方が暇そうじゃん」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 06:19:58.38 ID:zp3u3Zuu0

岡部「何をいうか!こう見えても俺は色々と忙しいのだ!」

鈴羽「ゲームしてたのに?」

岡部「きょ、今日はたまたまだ!」

鈴羽「はいはーい、そろそろバイトはじめないとだから、じゃーねー」

岡部「な!貴様人の話を!!」

萌郁「じゃあ……」

岡部「お前までも流すというのか!!」

萌郁「忙しい人を、足止めするのは……」

岡部「ぐぬぬ…………まあ、仕方ない…………」

萌郁「………………うん……」


…………………………………………………………

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 06:25:05.65 ID:zp3u3Zuu0

~ラボ~

岡部「ふう、なんだか疲れたな」

助手「あら岡部、それに桐生さんも」

岡部「なんだ助手よ、来ていたのか」

助手「ちょっと調べ物をしにね、すぐ帰るわ。それと、助手じゃないから」

岡部「なんだ、帰るのか」

助手「今日はやらなきゃならない事が色々とあるのよ」

岡部「なんだ、若者のくせに余裕の無いやつだな」

助手「はいはい、そうですよ。所であんた達は何してるのよ?」

岡部「俺はだな、今日こそ世界を我がものにするための実験を」

萌郁「…………ゲーム…………してた…………」

岡部「あ!こら指圧師!!よけいな事を言うでない!!」

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 06:29:48.24 ID:zp3u3Zuu0

助手「なんだ、随分と暇なのね、そんなんで世界を手に入れようなんて」

岡部「うるさい!さっさと帰れ!!」

助手「言われなくても帰るわよ」

岡部「さあ帰れ。今すぐ帰れ!!」

助手「うるさいわね!もう帰るわよ!!」

萌郁「忙しそう…………」

助手「ええ、そなのよ、妙にやることが多くて」

岡部「ふん、ちょっと天才だからって忙しぶおって」

助手「はいはい、暇人は黙ってましょうねー。じゃあ、帰るわ。またね桐生さん」

萌郁「……」コク

岡部「な!こら!!助手!!」

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 06:32:42.69 ID:zp3u3Zuu0

萌郁「…………」

岡部「……また二人になってしまったな」

萌郁「……」コク

岡部「……むう」

萌郁「………………」

岡部「…………」

萌郁「みんな、忙しそう……」

岡部「そうだな……暇なのは俺たちだけのようだ……」

萌郁「また、ゲーム……する……?」

岡部「そう、だな…………」

萌郁「……」コク

岡部「次は何をするか……」

萌郁「……」

岡部「レースゲームでもするか?」

萌郁「…………やったこと……ないけど、する……」

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 06:36:18.57 ID:zp3u3Zuu0

岡部「……」カチカチ

萌郁「…………」フラフラ

岡部「体が動いているぞ」

萌郁「勝手に……」

岡部「まあ、よくあることだ」カチカチ

萌郁「…………」

岡部「…………」

萌郁「……岡部君は、友達……多いね……」

岡部「ん? そうでもないぞ?」

萌郁「お昼食べるだけで……たくさん」

岡部「偶然だ……」

萌郁「私は……ほとんど居ない、から……」

岡部「何を言っている」

萌郁「?」

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 06:39:10.12 ID:zp3u3Zuu0

岡部「お前だってラボメンなんだから今日会った奴らは友達だろう」

萌郁「…………そう……なのかな……?」

岡部「当たり前だ」

萌郁「そう……だったら……いいな」

岡部「そうなのだ」

萌郁「そう……なんだ……」

岡部「ああ……」

萌郁「………………ありがとう……」

岡部「何がだ」

萌郁「…………一緒に…………居てくれて……?」

岡部「なぜ聞く」

萌郁「なんとなく……」

岡部「…………」

萌郁「…………」

岡部「一緒にいるさ……仲間だからな」

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 06:41:01.07 ID:zp3u3Zuu0

萌郁「…………うん」

岡部「ほら、ぼーっと走っていると穴に落ちるぞ」

萌郁「あ…………」

岡部「まったく……」

萌郁「…………」

岡部「…………」

萌郁「…………ありがとう」

岡部「ああ……」

萌郁「…………」

岡部「………………」

                やっぱり可愛いじゃんか おわり

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 06:42:38.71 ID:M7YUQAI70

1乙

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 06:43:48.02 ID:h7b86dUq0


リア充マジで爆発しろよ

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/28(日) 06:51:27.24 ID:QTY6cmyR0


リア充爆殺
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。