スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/15の気になったニュース

  • 遺伝子操作で「緑色に光る猫」、エイズ治療に道=米研究 @ロイター
    nature methods内を検索した限りでは、こちらが該当の研究なのかな?
    要旨しか見れないし、まだ読んではいないものの…猫免疫不全ウイルスに対する耐性を与えることができるとなると、ワクチンいらずとまではいかないものの、少しは病気に強い猫が得られるようになるのかな?研究自体は、猫の病気をどうのこうのじゃなくて、その先にあるHIVへの応用がメインみたいですが。

    しかし全身でGFPが発現して、ニュースのような光り方をするとなると、本来の目的とは異なった見世物みたいに考えちゃう人間がいそうでなんだかなー、とも。まぁ見た目で一発で改変を加えた細胞を有しているかどうか分かるのは便利だとは思うんですが…。
  • 九電、最大4500億円借り入れ=三大銀、政投銀などが年内実施―火力発電燃料費に @時事通信
    そりゃまぁ資金繰りは悪くなるだろ…
    というのは既に浜岡原発を中電が停止したときにも分かっていた話
    反原発:脱原発を唱える以上は当然ついてくるデメリットというか損失なわけで、決して他人事だと思わないようにしないといけない、ということですよね。そして、短期的な発想で原発を止めさせて多額の支出を生み出すのであれば、そのお金はもっと上手に使えるかも…ね。
  • 致死率50%の多剤耐性結核が欧州で流行、WHOが警告 @ロイター
    国内でもそうですが、結核は決して過去の病気ではない、という話
    超多剤耐性結核菌自体は、国内で感染が確認されたのは今年の4月、佐賀県での感染例が初めてのようですね。msnのニュースが今でもwebに残っているみたいです。
    国内での感染例もあり、決してよその国の出来事ではない…という認識は本当に大事なのかも、です。決して結核は過去の病気ではない、これを意識しないと。
    かく言う私は、BCGを3回やって、その上でレントゲン撮影までやることになったりと…通常の結核に対してもちょっと不安があったりします。
  • 宇宙帰還のオオムギ成長=長期保管、穀物で初成功―岡山大など @時事通信
    考えようによれば、ちょっと宇宙環境においた程度では突然変異の誘発は期待できない、とも言えるのだろうか。
  • 遺伝子操作されたサケ、米当局の承認得られるか @ロイター
    遺伝子組換え、GM食品としては今までは作物が主体でしたが、そうではなくて動物における遺伝子組換えの実例。
    日本国内では未だに作物でも遺伝子組換え食品はないですが、海外では既に次のステップへと向かいつつあるのか…と思うと、だいぶ海外との開きを感じますね。それの善し悪しはいったん脇に置くとしても、です。
    ただ、記事中でも少し触れられている通り、自然界へとこの遺伝子組換えサケが流出した際に、環境への遺伝的汚染が起こることは確実なので、そこら辺の封じ込め策をしっかりとしないと、まぁ実用化は無理でしょうね。しかし通常の2倍とか速い。
  • スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。