スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生物の疑問を書くと誰かが答えてくれるスレ

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 19:54:29.62 ID:Psz90WOT0
なんでアリやクモって垂直の壁とかを登っていけるんだ?

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 19:56:51.51 ID:AbJmn6bZ0
>>1
ゾウがロッククライミングできない理由はわかるな?
つまりそういうことだ

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 19:56:13.47 ID:LOaHdHNfO
なんで僕が交尾出来ないのはどうして

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 19:57:35.02 ID:ENz61d9AO
>>2
もっと優れた個体がいるから。負けた個体は子孫を残せない。

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:01:30.29 ID:LAzSmf210
ヤモリがガラスを登れる理由を3行で

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/16(金) 20:12:44.21 ID:qwVMB6lc0
>>6
ファンデル
ワールス


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:14:38.33 ID:jiG4ykxE0
>>6
分子レベル

吸着力

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:12:05.69 ID:fug+SOfKO
>>6
吸盤みたいな
足の細かいとげとげ
スポンジのように張り付く

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:03:55.97 ID:eD/BMbJB0
どこまでが生物?細胞?ウイルスみたいなRNAは生物の定義から外れる?

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/16(金) 20:07:20.39 ID:GDpfF5iy0
>>10
生物の定義は
・細胞がある
・自己増殖能をもつ
・死ぬ
だった気がするからウイルスはNO

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:08:43.11 ID:wXVxsceC0
>>15
いや
・生殖
・代謝
・被刺激性って高校で習った気がする

ウイルスは代謝しないからNOじゃね?

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:19:34.18 ID:RUj8HizY0
>>15
最後はおかしいな
原核細胞は死なないんだぞ

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:04:40.26 ID:bOx6xVts0
うんこってなんで臭いの?

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:05:17.76 ID:un5Xf+ha0
>>11
間違って食べないように
一部を除く

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:10:49.18 ID:OTJ5UuLK0
シロナガスクジラのスって何なの?

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:11:43.05 ID:jiG4ykxE0
>>17
カタカナ

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:13:01.42 ID:+OPdNrUq0
>>17
中川翔子の言ってる「ギザカワユス」のスと同じ意味

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:13:54.15 ID:Psz90WOT0
蚊取り線香って効いてんの?

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:15:17.31 ID:ujV/7XRh0
>>22
煙に触れた蚊は死んでる


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:15:27.21 ID:AbJmn6bZ0
>>22
除虫菊ってゆう殺虫性のある花を使ってるから効いてるはずだよ
あと煙も出るから虫おっぱらえるし

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:26:05.98 ID:Psz90WOT0
>>27
ググったらキンチョーの話が出て来たわ
こういう由来だったんだな

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:16:20.60 ID:jiG4ykxE0
>>22
気休め程度には
所詮虫避け

218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:20:08.61 ID:d5Sk2l6A0
ウィルスって生物じゃないとかよく聞くけど、生物ではないなら一体何なの?
とりあえずウィルスも生きてはいるんだよね?

221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:22:13.54 ID:6Y9ZeZWZ0
>>218
生きている、の定義は?

223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:23:02.32 ID:RUj8HizY0
>>218
巨大分子のかたまりってところかね
ウイルスは生きちゃいないよ
生き物の定義は
自己複製可能
代謝可能
他にもあったけどとりあえずこの2つも守れてないようじゃ生物じゃねえ

235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:28:05.57 ID:d5Sk2l6A0
>>221
よく分からないからそういうのも含めて聞いたつもりだった
とりあえず俺たちと同じ「生きている」の感覚で考えられない感じなのかな
>>223>>227
ウィルスは動いたりとか、何かしらの活動は能動的にできるの?
巨大分子のかたまりというと物質に近い捉え方でいいんだろうか

237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:29:27.94 ID:RUj8HizY0
>>235
動くのもできないんじゃない?
できるのは寄生細胞の表面にくっついて中身ぶちまける、それだけ

241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:30:16.91 ID:n/h6OxQ60
>>235
よくわかんないけど何故か自律して動いてる物体
どっちかってぇとプログラムで動いてると言ったほうが近いかな

249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:35:22.43 ID:d5Sk2l6A0
>>237>>241
マジか!!
動いてる原因がまだよく分かってないってなんかすげえな!!
中身をぶちまけてることによって健康に被害がでたりしてるわけだね
俺たち人間が抗体とかを作るたびにあいつらも進化して耐性をつけてきやがるとか聞いたから
自らそういうことや悪さができる微生物みたいなものなのかと思ってたよ

255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:39:09.35 ID:n/h6OxQ60
>>249
宿主の細胞に取り付いてDNAぶちまけて細胞を汚染、汚染した細胞内で増殖して(以下繰り返し)

あと、微生物とウィルスは別モノな

371 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:33:03.29 ID:1kvkdnvh0
http://beebee2see.appspot.com/i/azuY3JrUBAw.jpg
自己複製ができるロボットは生き物としてみなされるんですか?



385 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:40:20.54 ID:JGUlB6Bi0
>>371
生物の定義は
1、代謝する
2、自己増殖する
3、外界と内部を区別する膜をもつ

よって生物ではない


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:17:04.14 ID:CUQHSl11O
クマムシは熱されても冷やされても電流流されても死なないって聞くけど、なんでだ?

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:18:16.48 ID:LAzSmf210
>>30
休眠状態の時だけ、って条件付きだからな
あれは半分死んでるようなもん

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:24:21.95 ID:94W74Bnu0
ここで生物学者の卵の俺が颯爽と登場

>>32
休眠してる言うたって生体を構成する分子自体は破壊されるはずだよな、不思議なもんだ
ちなみに巷で言われてるほどは強くなくて、結構普通に死ぬよ

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:26:42.29 ID:04HlanN80
なんで大多数の人は虫に不快感を示すの?

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/16(金) 20:33:31.41 ID:kNPTa/6F0
>>45
生物的に自分に近いものほど好き
虫は遠いから嫌いになりやすい

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:30:29.27 ID:LAzSmf210
>>45
哺乳類、爬虫類、両生類のどれとも違うシルエットが生理的嫌悪感をどうたらこうたら

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:33:57.21 ID:/XwaQQIR0
魚は目で餌を追ってるのか臭いで餌を追っているのか
どっちに重きを置いているんだ?

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/16(金) 20:36:28.11 ID:qwVMB6lc0
>>59
種類によってちがう印象
餌を追いかけて食べるタイプは目もいいけど
ナマズみたいな待ち伏せ型は匂い重視な感じ

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:39:40.93 ID:94W74Bnu0
>>59
種類によるとしか
サメとかの軟骨魚は臭い重視だよね
ギムナルクスとか生体電流を感じてる種類もいる

67 :蛭子能収*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.: *・゜゚・* ◆OmmP3XWjMg :2011/09/16(金) 20:39:56.89 ID:wySPB1zB0
>>59
ブラックバスは、体の横の線で獲物を感じるらしいよ!
だから濁っててももう万体

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:56:13.89 ID:aNPNO2D9O
>>59
種類によって違いがあるようです
例えばナマズは視力が非常に弱いですが
嗅覚が非常に発達しており、生物の匂い(特に腐敗臭)を
敏感に捉えエサにありつきます
あとカエル、小魚などが動く時の振動から伝わる微細な波動を察知する
発達した感覚器官(ヒゲ)を持っており
それで獲物の位置を素早く捉え補食します
他にメバルなどは名前の通り目が大きく
発達している上に視野が広いため
主に視覚で餌を捕るようです
メバルの場合、補食時だけでなくスズキやコチなど
大型の魚から身を守る時などにも
いち早く危険を察知するのに
その大きな目が役立っています

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:36:17.69 ID:PvrfpoPb0
草食動物はどうやってタンパク質とか取ってるの?

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:37:37.84 ID:RUj8HizY0
>>61
草にもたんぱく質あるべ?それに時々小動物を食べることもあるらしい・・・

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:39:16.49 ID:jiG4ykxE0
>>63
ハト喰ったペリカン思い出した

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:41:08.42 ID:94W74Bnu0
>>61
草食動物は基本的にヒトで必須アミノ酸と言われているものも全て体内で合成できるから、草から糖分摂取してれば十分なのです

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:44:06.56 ID:6vpBqZEf0
> 草から糖分摂取してれば十分
窒素「・・・」

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:47:27.27 ID:Psz90WOT0
ハエって何食ってるんだ?

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:49:57.05 ID:6vpBqZEf0
>>74
果物とか腐植質とか腐肉とか他の昆虫に寄生とかコウモリの生き血吸うとか
種によって色々

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:50:17.23 ID:un5Xf+ha0
>74
栄養エキス
肉だったり果物だったり
うんこに残存している何かしらのエキスも含む

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:52:00.21 ID:aI3kcAlz0
必須アミノ酸作れるのって植物と微生物だけだと思ってたわ
除草剤ってけっこう必須アミノ酸の合成経路に働くのあるけど人には大丈夫なの?

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:54:20.15 ID:6vpBqZEf0
>>81
植物のアミノ酸合成は葉緑体で行われてるので
葉緑体の原核生物型の酵素を標的にしてるんじゃないかな
詳しく知らんけど

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:51:40.08 ID:YJuJuLQe0
どうして生物には寿命が存在するの?

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:55:14.24 ID:jiG4ykxE0
>>80
テロメアだの何だのと寿命を決定してそうな物は有るけど
根本的には謎のまま

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:52:16.56 ID:+yMCu4KyO
細胞分裂で増える単細胞生物ってある意味不老不死じゃね?
奴らは無限に分裂出来て遺伝子も寸分の違いなく次世代に伝えられるの?

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:55:46.04 ID:6vpBqZEf0
>>82
けっこうDNA複製のミス入る
それを利用して人工進化の実験も行われている

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:57:21.73 ID:94W74Bnu0
>>82
奴らは塩基配列のエラーは俺らより多い
遺伝情報が全く同じなら進化はおこらないね

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:56:17.06 ID:RUj8HizY0
>>80>>82
真核生物のDNAはコピーするとき端っこのテロメアって部分が短くなってく
これがある程度まで削れてくると重要な部分まで削れてしまうので分裂できない
これが寿命のある理由だ
一方DNAが輪っかの原核生物は端っこがないから分裂しても削れない
よって奴らは寿命がない

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:00:08.75 ID:6vpBqZEf0
>>89
それはテロメラーゼが機能してれば問題にならないよね
あと確か大腸菌のゲノムをlinearにしても普通に生きたとかいうのを
基礎生物学研究所が報告してた気がする

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:04:02.84 ID:94W74Bnu0
>>98
大腸菌ゲノムlinearでも機能するとかマジか おもろいな
テロメラーゼはガン化作用強いらしいから生殖系列以外だと、割に合わんのだろうな

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 20:59:15.43 ID:QT9fKWk60
なんでクマは哺乳類なのに冬眠するの?

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:00:25.84 ID:AbJmn6bZ0
>>96
哺乳類普通に冬眠するやろ
ヤマネとか夏眠までするで

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:04:40.20 ID:Ud7mwsi00
>>96
冬の間は食うものが無いから冬眠する。そんで春先になって新芽とかを食べる
クマの冬眠は絶対的なものじゃなくて食料があれば冬眠しなくても大丈夫
でも最近の北海道はエゾシカが増えすぎてクマが冬眠明けに食うものが減ってきてるから
早めに起きてシカ襲って食ってるらしい

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:08:41.46 ID:zKVS4inkO
>>110
クマさん、雑食だったのか
冬眠せずにシカを狩りまくればいいのに

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:13:22.88 ID:Ud7mwsi00
>>121
シカだって角なんかで反撃受ける危険があるからリスキー。冬場は隠れられる草も無いし
そもそもクマが食うものの9割は植物性のものって言われてる
けど秋なんかはサケ狩りしてたりと四季をちゃんと順応してる。生物って詳しく見てみると面白いよね

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/16(金) 21:00:32.89 ID:xSZOlXx00
食べられてしまわないようにトゲとか発生させて進化した動物って
食べられてしまったら、食べられようにトゲを発生するってことが出来ないと思うのに
なんで子孫はトゲがついて進化できるようになるの?

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:03:26.09 ID:6vpBqZEf0
>>100
食べられないくらいトゲの長い動物だけが子孫を残せた

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:07:33.84 ID:jiG4ykxE0
>>100
遺伝のエラーがたまたま有利に働いた連中ってだけだから
トゲが無意味になればそのうち淘汰されていなくなるだけ

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:02:43.27 ID:vVCywBPn0
器官てどうやって形作られるの?
細胞は自分の場所がわかるの?

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:04:50.55 ID:6vpBqZEf0
>>104
わお良い質問
モルフォゲンとか三色旗モデルでググるといいよ

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:07:25.52 ID:RUj8HizY0
>>104
海綿だとカドヘリンて物質でなんとかしてるようだが
高等生物だとどうやってるんだろうな

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:12:09.37 ID:94W74Bnu0
>>117
高等動物にとってもカドヘリンはとても重要だよ

器官形成とかに関してはショウジョウバエの発生を勉強しとくとだいぶん捗る
Hoxとかもわかるし

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:14:19.18 ID:RUj8HizY0
>>125
いろいろなたんぱく質の部位における濃度差によって分化するとか書いてあったな
名前までは覚えてないけど

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:03:18.35 ID:OICYYNtw0
結局、脊索って何なの?

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:07:20.36 ID:94W74Bnu0
>>105
難しい質問だ
脊索動物にとっては背骨みたいなもん(神経は中にない)
脊椎動物にとっては発生の途中で体を支えるもの? 俺にはちょっと意義がわからない ただの痕跡?

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/16(金) 21:06:16.88 ID:8y5VmZJt0
日本で日本狼や蝦夷狼が絶滅できたのに、野生化したアライグマに梃子摺っているのはなんでですか?

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:09:02.84 ID:Ud7mwsi00
>>113
繁殖力が高くて雑食で夜行性。つまるところでかいネズミ
東京とかでも見かけるし適応性ハンパ無いよ

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:09:27.48 ID:AbJmn6bZ0
>>113
狼は環境に適応できなかったから滅んだ。あと狂犬病。あと生息地
アライグマは現代日本の環境に適応したから増えとる
こうなったらなかなか減らんよ

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/16(金) 21:14:06.29 ID:m0qPNV7G0
本能とはどれくらいのスパンで刻まれるのか

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:18:01.06 ID:6vpBqZEf0
>>129
何を本能と呼ぶかだけど
例えば虫が何の草を食べるかは遺伝子1つで決まってたりする
雑種にするとそれがメンデル遺伝したり

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:23:35.51 ID:hNIt6xumO
虫って学習するの?

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:25:21.20 ID:6vpBqZEf0
>>139
する
蝶や蜂は蜜を吸いやすい花の形を覚える等々

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:16:09.67 ID:xmjZM7/v0
太古の生物は何であんなにでかいの?

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:20:06.48 ID:6vpBqZEf0
>>132
研究途上らしいよ

【古生物】古代の昆虫、巨大化の謎に新説「酸素の毒性を避けるために幼虫が大型化」/英プリマス大
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1312985601/

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:21:10.47 ID:aNPNO2D9O
>>132
その時代のテンションに身をまかせすぎためです
デカくなりすぎると食い物をたくさん捕らないといけなくなり
なんか効率が悪いのでそれを反省し
進化の過程で今に至ったようです

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:24:35.01 ID:xmjZM7/v0
>>136-137
ありがとう
テンションか…ちょっと笑ってしまった

135 :蛭子能収*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.: *・゜゚・* ◆OmmP3XWjMg :2011/09/16(金) 21:19:43.90 ID:SSL1lJUQ0
豚の猪殺とかで首からしたしばらく動くじゃん?
人間でもなるの?

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:26:03.22 ID:SECu+Pu70
>>135
自分の首をギロチンにかけて実験した研究者がいたはず

首が落ちてから意識があるうちは瞬きをし続けると助手に伝えて、結果は9秒だったかな

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:30:31.44 ID:+yMCu4KyO
>>144
血圧が一気に低下するのに9秒も意識保てるの?

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:33:46.58 ID:94W74Bnu0
>>149
あれはただの痙攣だかなんだかって説もあるみたい

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/16(金) 21:25:06.32 ID:xSZOlXx00
炭素生物以外の生物って実現可能なの?
ケイ素生物とか考えられてるけどさ

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:31:56.17 ID:6vpBqZEf0
>>141
どうだろ・・・
そこまで飛躍しなくても核酸(DNAやRNA)以外の遺伝情報担体を持つ生物を見てみたい

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:25:53.05 ID:ZX42myOmO
上手く説明できないんだが
進化の話で「環境に適応した種が生き残った」ってことだけど
淘汰に至る前の分岐ってのは何で決まってるの?
遺伝子情報のエラーとかいろいろ要素はあるんだろうけど
例えば猫が次の分岐で足が10本とかにはならない訳じゃない?


147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:29:18.96 ID:6vpBqZEf0
>>143
はい進化の方向性にはある程度の拘束があります

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/16(金) 21:34:21.58 ID:aTshbbyN0
>>143
例えば、猫の足が10本になるにはその新しい足になる部分を他の部位から持ってこないといけない
中国で翼のある猫が産まれたって例がたまにあるけどあれも何もないとこから突然翼がでて来てるわけじゃなくて肩甲骨とかが変化して出来ている
だからあんまり突拍子のない進化はできないし方向性も限られちゃう

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:38:27.29 ID:fug+SOfKO
>>147
>>153

でもドーキンスの説なら、たまたま現れた初期の10本足猫生き残りさえすれば、その後定着していくことは可能だとおもうが・・・

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:36:13.22 ID:aNPNO2D9O
>>143
同じ種でもそれぞれの環境の食性によって
個体にかなりの差が出て来ます
その差が出たグループが亜種になります
例えば同じヒグマの仲間である北海道のヒグマと
アラスカ辺りで良質のサケばっかいっぱい食ってる
グリズリーの関係みたいなもんで
そういうのがゆくゆく分岐点になるんちゃうかなぁ…

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:37:19.99 ID:94W74Bnu0
>>143
evo devoでググると幸せになるかも
ちょっとだけ難しいかも

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:44:02.72 ID:ZX42myOmO
>>143質問したものですがいろいろ答えていただいて有難うございます
ちょっと調べてみます
淘汰以外にも案外方向性を決める要素があるんじゃないの?って思ってたので…


145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:26:13.04 ID:PvrfpoPb0
たまに水とか食べ物が気管に入って咳き込むけどあれって全部戻しきれてるの?

ホコリとかって肺に溜まったりしないの?

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:28:13.67 ID:6vpBqZEf0
>>145
タバコ吸っても煙吐くから肺がんにならなくて安心だね!
ってそんなことない

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:30:23.05 ID:jiG4ykxE0
>>145
大体は咳痰で排出されるけど限度と言うものがだな…
じん肺って病気聞いたこと無い?


150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:31:23.04 ID:hNIt6xumO
クジラって人間より脳ミソ大きそうだけど人間より賢いの?

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:33:46.58 ID:94W74Bnu0
>>150
体重に対する脳の大きさが重要になる
出かければでかいほど、神経でコントロールされなければいけない部分が大きいわけで

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:36:52.34 ID:6Y9ZeZWZ0
毒を持つ生物はどうやってできたか
自然淘汰説じゃ説明できないと思うんだけど

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:38:12.78 ID:6vpBqZEf0
>>156
血縁淘汰ならどうだい?

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:39:17.09 ID:94W74Bnu0
>>156
蛇の場合消化酵素が毒のもとと言われているね
どうして自然淘汰説では不十分なのかよくわからんね

有名だけどフグなんかは自分で毒を作ってるわけじゃなくて、毒を作ってる微生物を食べてる貝を食べてる

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/16(金) 21:40:42.96 ID:aTshbbyN0
>>156
毒を持つ生物は基本的に弱い生物
生存競争を生き延びるために毒を得た、もしくは毒となる成分を利用できるように進化してきた、らしい

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:41:22.36 ID:jiG4ykxE0
>>156
本人は毒のつもりじゃないけど他の種には毒だった
これでおkじゃね?

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:48:30.61 ID:ZX42myOmO
>>156
毒持つ生物は自分も疑問だった
あと、毒を持つのにそっくりにして生きてる無毒の奴もどうやって出て来たのかよくわかんない

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:00:00.83 ID:jiG4ykxE0
>>172
いつも思うんだが、そう言う学問って無駄に考えすぎだと思うんだ
何億年、何万年っていう時間の中で偶然同じか似通った物が複数出来てくるだろうし
それが有利に働く物ならその中から生き残りが出るのは必然じゃないのかと。
ぶっちゃけ人間の尺度じゃスケール足らないと思う。


脳神経系の動作原理とかは面白いと思うけどね
それこそ魂の定義とか精神論とかに関わってきそうだし。

196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:02:57.20 ID:jWgSrBX2O
>>190
それは数学にも言える話だぞ

205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:10:20.74 ID:ZX42myOmO
>>190
人間に世界のすべてを理解するのは無理だと思うけど
世界に対して人間が人間なりに疑問に感じたことは人間なりの納得できる答えが在るはずだと思うんだ
根拠はないけどそう考えた方が楽しいでしょ

203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:09:21.92 ID:6vpBqZEf0
>>190
毒持つ生物について疑問もってるのは多分
毒の効果を発揮させた時 = 食べられた時だから
天敵が後で苦しんだとしても毒ありの生物はもはや生き返らない
じゃあどうやって子孫に毒ありの性質が伝わるの?っていうことだと思う

一方で天敵に学習能力があるなら、最初の一匹さえ犠牲になれば
それ以後は同じ種類(最初に食べられた奴の血縁個体)は敬遠されて食べられなくなると期待される
これが血縁選択による利他行動の進化
分子、実験屋でも進化生物学は少しかじっておいて損はないよ

232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:27:41.84 ID:ZX42myOmO
>>203
それは、こいつは毒をもってるぞって毒以外の目印みたいのがあったってこと?
喰う側は毒=目印を判断出来る種が生き残って
喰われる側は毒=目印が強い種が生き残った
みたいな


244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:31:51.85 ID:6vpBqZEf0
>>232
ハチの黄色と黒色の縞模様は警告色
無毒なのにそれを真似たアブの仲間とかたくさんいる

212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:15:10.01 ID:6Y9ZeZWZ0
>>203
代弁してくれてありがとう
よくよく考えたら、毒を持つ個体が食べられる前に子孫を残したら、自然淘汰で説明できたんだね
失礼しました

225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:24:14.69 ID:jiG4ykxE0
>>203
後半で言ってる事は解る。
解るけど疑問自体が毒を獲得した種が
同時期に一種だけしか存在していないと仮定した場合でしか成立しないような…
何故同じ形質を持った種が複数存在していたと考えないのかと小一時間。

同時期に複数居ても血縁選択だっけ?は成立するからどうでも良いのかも知れんけどさ。

261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:41:59.84 ID:jiG4ykxE0
>>238
最初の祖先が何故…堂々巡りな話しては止めとこう…

う~ん…その仮定で語りだすと絶対答なんか出ないと思うんだよ。
それこそ清明の誕生から現在までを定点観測でもしない限りは。
でもそう言う仮説を追求して積み上げるのが学問なんだよな…

なんか色々正直すまんかった。

238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:29:59.51 ID:6vpBqZEf0
>>225
瑣末に逃げるけど、毒ってけっこう種特異的だよね
植物のアルカロイドとか種ごとにぜんぜん違う
同じ科や属で共有してる毒もあるけど、その最初の祖先は一種類だったわけで

161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:39:25.66 ID:vVCywBPn0
生物って不思議。
ミクロな部分を見れば、化学反応の連鎖にすぎなくて、意思の介在する余地なんか無いのに、それが積み重なったマクロな現象としての生物は、程度の差はあれ、意思を持って行動を選択しているように見える。
ミクロからマクロへどう繋がっていくのかが、よくわからん。

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:41:29.20 ID:94W74Bnu0
>>163
複雑系の連中が物理的に解析してるが、なかなか難しいだろうね
生物学の最大のテーマだよね

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:42:01.41 ID:94W74Bnu0
>>161だった

168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:44:08.80 ID:6vpBqZEf0
>>161
哺乳類は複雑すぎるので、昆虫とか線虫を使って行動遺伝学やると
少数の神経がどう行動というアウトプットにつながってくのか分かると期待

171 : 忍法帖【Lv=36,xxxPT】 :2011/09/16(金) 21:47:56.88 ID:rQbyqqOV0
RNAとかDNAが複製したり凝縮したりする時に、ちゃんと塩基が結合したりヒストンにDNAが巻きついたりするのはなんで?
生命活動全体に言えることだけど物質には意志が無いのに、生体の中の物質はあまりに完璧な移動しているように見えて不思議

179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:54:24.86 ID:6vpBqZEf0
>>171
塩だって結晶化するときは立方体にきっちり原子が配列するし
生化学反応もその延長じゃないのかなあ、俺の捉え方だけど

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:54:42.35 ID:jWgSrBX2O
>>171
にわかが答えていいのか分からないが…

単純な化学反応だからだったような

因みに結合ミスるとアポトーシス

183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:55:44.26 ID:94W74Bnu0
>>171
めちゃくちゃに高速で動いているからこそ、親和性の高いものを見つけて目標の場所に行けるっていう考え方もできるよね
ミクロの世界は直感じゃあ理解するのが難しいね 量子論しかり

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/16(金) 21:56:18.40 ID:xSZOlXx00
例えば目が誕生したときって完成品として誕生したの?
それとも世代を経るごとに目の形として完成していったのか?
完成品じゃない目を持っていた生物はどういう風に世界が見えていたんでしょうか?

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:00:55.66 ID:jWgSrBX2O
>>184
後者がまあ正しいのかな
前者だとオケラだってアメンボだってミツバチだってみんなみんな
人と同じ目になっちゃうからな

186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:58:16.45 ID:94W74Bnu0
>>184
目は徐々にできたんだよ
最初は光があるかどうかだけがわかった
次に光の来る向き
ミドリムシにも光を感じる点はあるんだよ

ダーウィンが既に目の進化については考えてる
すごいよね

188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 21:59:00.57 ID:6vpBqZEf0
>>184
「目の誕生」というそのものズバリの本があったと思う
わりと評判

180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/16(金) 21:54:28.97 ID:m0qPNV7G0
ロリが蔓延する理由が知りたい
やはり生物学的に相手は可能な限り若いほうがいいのか?

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/16(金) 22:00:02.63 ID:aTshbbyN0
>>180
まぁ交配できる年齢になったのにさせられないんじゃ意味ないからな
ただ、猿の世界でもそうなんだが、処女よりも一度子を産んだ事のある♀の方があんぜんに子育てできるということで人気らしい

小学生以下を狙う本物のかたがたに関しては知らない

200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/16(金) 22:05:59.40 ID:m0qPNV7G0
>>192
おれが熟女好きなのはそれが原因なのかもしれんな
子連れのママの色気やばい

214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:17:45.06 ID:aNPNO2D9O
シャコは何であんな赤外線も見えるスーパー眼や
スーパーシャコパンチ能力を手にできたん?

226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:24:20.18 ID:9UdK3DBEO
何でアリは黒いの?

234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:27:59.04 ID:Ud7mwsi00
>>226
日本の土は黒ボク土っていう黒い色の土が多い。地面の色と似せたんだと思う

228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:24:52.30 ID:F8IDPZ1qO
クラゲの90㌫が水で10㌫がコラーゲンだけど
命ってどこにあるの

230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:26:40.12 ID:n/h6OxQ60
>>228
答えれるとしたらそれこそ神か悪魔か…

229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:26:05.70 ID:Hx5Cp12R0
味覚の存在理由は?
食べ物を判別するため?
あとナマコは全身味覚って聞いたことあるんだが(なんかの勘違いかもだけど)どゆこと?

231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:27:25.86 ID:RUj8HizY0
>>229
味覚ってのは液体中の化学物質の認識が目的
あとはわかるな?

233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:27:58.01 ID:n/h6OxQ60
>>229
可食物の選別
栄養をより効率よく摂取するため

260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:40:42.55 ID:nL+oSdub0
>>299
を質問したものだけど
味覚で不味いと判別するのが人によって違うのはなぜなの?
人間なら人間という括りで可食物とか見分けてるんじゃないの?

263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:43:13.07 ID:6Y9ZeZWZ0
>>260
味覚に揺らぎがあっても問題ないから


264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:43:55.13 ID:RUj8HizY0
>>260
そこは趣向の問題じゃないか?
同じアニメ見ても人によって感想違うだろ、それと一緒だ

297 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:00:36.59 ID:NAv0Yp6Q0
味覚も普通に個人差ってことか
なんか飯くっててふと思った疑問に答えてくれてありがと
あと恐怖で動けなかったりするけど
クマや鯨とかも動けなくなるわけ?

253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:38:16.14 ID:CUQHSl11O
熊って恒温動物なはずなのに何で冬眠するの?

256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:39:14.32 ID:4nJ7zGbK0
>>253
生存確率が急激に高まるからだろ

262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:42:26.63 ID:8AJkrk8M0
進化の過程で一度変化して無くなったものは必要な環境になっても復活しないのはなぜ?

265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/16(金) 22:44:44.29 ID:RiahS4SE0
>>262
普段使われていない遺伝子情報の中にカッコワルイイラネってデータが残り続けてるから

276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:52:06.48 ID:jiG4ykxE0
>>262
有るものを削るのは簡単だけど無いものを作るのはメンドイだろ?
遺伝情報が残ってれば先祖帰り出きるかも知れないけど無いものは作れないよ。

新たに進化する可能性は有ると思うから今後数万年に期待だなw

267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:45:43.64 ID:JGUlB6Bi0
>>262
一度いらなくなったものは突然変異が起きようが挿入配列が混じろうがどうでもいいから
必要なものに突然変異が入ると死ぬ→突然変異が入らなかったものしか生き残らない
再び必要な状況になったときに前のDNAを参照する進化が起きたとしても大抵の場合でたらめな配列に成り果てていて使えない

268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:46:04.21 ID:m2695eqP0
>>262
ところがどっこい牙が復活した新種のカエルが発見されているんだなぁ

273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:49:59.87 ID:8AJkrk8M0
>>268
カエルに牙は必要ないだろ、新種というより奇形種か、牙じゃなくて角なんじゃね?

266 : 忍法帖【Lv=14,xxxPT】 :2011/09/16(金) 22:44:54.75 ID:ZKm4EXyn0
チョウや蛾の幼虫・成虫って枯れ葉とかに擬態してるやついるよね。
ってことはやつらは枯れ葉はこんな色・形だってことが理解できたわけ?
実際モノを見る目ってあるの?こうすれば敵から守れると理解できたのかも謎
虫みんな謎

269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:46:10.92 ID:RUj8HizY0
>>266
自分からまねできるわけもないから
おそらくより枯葉に似た奴が生き残ったってことだろう

270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:47:28.85 ID:fug+SOfKO
>>266
そこはたまたま木の枝に似てた奴が生き残ったと考えられている
でもホント不思議だよな

274 : 忍法帖【Lv=14,xxxPT】 :2011/09/16(金) 22:51:29.61 ID:ZKm4EXyn0
>>269-270
そうなんだ。恐ろしいほど偶然似てたから成功したのか。

ところでもう一つ。虫や動物が環境に適応できる姿になるまで何万年ともかかるよね。
じゃあ進化できるまでは適応できていなかったのにどうやって進化できる年まで生き残れたの?


279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:53:39.01 ID:RUj8HizY0
>>274
なんか語弊があるな
最初はほんとに小さな違いだったとおもうんよ
この部分だけ枯葉っぽいな程度の
そういうのが世代を重ねて遺伝子交配してるうちにどんどんその特徴が強くなってって今の枯葉野郎になったってわけ

280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:54:22.45 ID:JGUlB6Bi0
>>274
いろいろあるが、ベイツ型擬態の場合は捕食者の見破る能力とのイタチごっこでだんだん似てくる

295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:58:35.00 ID:fug+SOfKO
>>274
それは偶然運良く生き残ったとしか言いようがない
例えば今日本に大量にいる、アメリカザリガニも、最初輸入されたものが、たまたま日本の環境に合い、たまたま生き残り、たまたま子孫を残せたから
結構、生き残るのも運が必要
恐竜が絶滅しなければ、俺らもいない訳だし

275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:51:42.75 ID:4q9VUcIC0
世界さいきょうの毒へびをおしえてください

284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:54:54.68 ID:JGUlB6Bi0
>>275
ブラックマンバ

278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:52:52.94 ID:8AJkrk8M0
>>275
最も強い毒を持つのはウミヘビ 詳しくはググレ

383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:39:33.09 ID:MHC47RoF0
バッタの黒い汁なんなの

386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:40:37.16 ID:4nJ7zGbK0
>>383
それ気になる

282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:54:32.46 ID:VdCTQr1Q0
生物の「色」について研究されてたりするの?てかできるの?
なぜバッタは緑でカブトムシは黒いかとか恐竜は何色だったかとか

287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/16(金) 22:56:49.99 ID:aTshbbyN0
>>282
トマトは何故赤いかっていう本があるよ

290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:57:32.18 ID:JGUlB6Bi0
>>282
研究はさかんだよ
ほとんどは背地適応っていって背景に自分の色を溶け込ませる形質が有利になりやすい
カブトムシだったら、普通の100匹と背中黄色に塗った奴100匹野外に放してどっちがたくさん食われるか検証すりゃいい

296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/16(金) 22:58:42.99 ID:+8rVjB9sP
>>282
あるらしいね
そもそも色ってのが種や個によって大幅に異なるし、意味があったり無かったりする

300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:01:41.25 ID:6Y9ZeZWZ0
>>282
恐竜の色に根拠はないらしいよ
想像で色付けしてる

301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:02:55.70 ID:m2695eqP0
>>300
実はめちゃくちゃカラフルだったという説もある

308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:05:50.82 ID:4nJ7zGbK0
>>300
恐竜の色とかについては骨格とか化石の状況から生態、行動を考え、
そこから推論を立てるってスミソニアンのおっさんが言ってた。


302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:03:56.42 ID:4CUEi/47O
体色は基本保護色なんじゃないか
毒も無いのにカラフルなヤツラはちょっと分からんけど

289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:57:25.19 ID:n/liVDrM0
>>281
そうなのか

じゃあ虫は実は宇宙人って本当?

294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 22:58:11.71 ID:RUj8HizY0
>>289
おまえな、そんなわかってもない質問に対する答えがここで得られると思うなよ

307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:05:45.58 ID:n/liVDrM0
>>294
ごめん

じゃあ恐ろしく気持ち悪い蜘蛛の画像を最近見たんだがあそこまで(あくまで人間から見てだが)グロテスクになるのはなんで?

319 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:11:17.37 ID:n/h6OxQ60
>>307
あの姿が連中が淘汰の試練に対して出した答えのひとつ

気持ち悪いと感じるのは人間型の常識的な姿からあまりにかけ離れてるから、お前さんの脳みそが勝手にそう処理してるだけ
詳しくは「不気味の谷」でググるとよろし

321 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:12:37.88 ID:m2695eqP0
>>307
蜘蛛がグロテスクなんじゃなくて
お前が蜘蛛に「グロテスクである」というある種の意味づけをしているだけ
生物学とか進化とは全く関係ない

342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:20:20.26 ID:n/liVDrM0
>>319
ググったけど日本語でおkだった
>>321
難しいわからん

359 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:26:15.67 ID:n/h6OxQ60
>>342
ざっくり言うと、クモを見てキモいと思うのは
お前さんの頭の中の「ここまでは動いてても問題ないカタチ」って範囲の外にクモのフォルムがあるから

368 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:31:24.31 ID:n/liVDrM0
>>359
なるほど!!!
すげぇ分かりやすい
ということは俺がもっと生物の容姿に対して寛容になれば問題なくあの思い出しただけでも背筋が凍るような巨大蜘蛛を愛でることができるようになるかボケ

374 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:33:45.25 ID:n/h6OxQ60
>>368
まあ好みの問題だし本能的初期設定もあるから無理に好きになることもないと思うよ、うん

375 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:34:19.90 ID:4CUEi/47O
>>368
人間は慣れの動物だからお前が先入観を捨てて蜘蛛と向き合えば見てる分には平気、くらいにはなれる

304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:04:03.82 ID:0+NfCcZ90
光るブタとか光るネコとか光るカイコとかがたまにニュースになるけど、
なんでみんな緑色なんだ?
赤とか青とかに光らせるようにはできないの?

315 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:08:29.92 ID:aNPNO2D9O
>>304
ルシフェリンとかルシフェラーゼとか
ATPが混ざって光るものだからじゃなかろうか
ホタルの光も似た色やねぇ~

306 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:05:21.38 ID:RUj8HizY0
>>304
あれGFPだよな?やっぱ最初に見つかったからかね

314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:07:39.43 ID:JGUlB6Bi0
>>306
GFPが一番研究が進んでるからでそ
ルシフェラーゼだって研究多いと思う

310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/16(金) 23:06:14.60 ID:+8rVjB9sP
>>304
ATP使うように遺伝子組み換えしてるから
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E7%89%A9%E7%99%BA%E5%85%89

体内でウラン濃縮させてチェレンコフ光出す遺伝子調整だって出来なくはない

316 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/16(金) 23:09:29.14 ID:+8rVjB9sP
あ、ごめんGFPか、こっちだ
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%91%E8%89%B2%E8%9B%8D%E5%85%89%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%AF%E8%B3%AA

312 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:07:06.40 ID:RUj8HizY0
>>310
そんなの猫とかみたくねえよwww

324 :304:2011/09/16(金) 23:14:36.68 ID:leKC3qN70
ほう、緑色の遺伝子が最初に発見されて一番研究されているのか。
レスくれた人ありがとう。

軽くググったところ黄色とか青色に光るものもあるみたいだけど、まだまだ
哺乳類とかに入れるのは未発展ということなのか。

330 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:17:05.10 ID:RUj8HizY0
>>324
違う違う、緑色に光るたんぱく質がみつかったんだよ、遺伝子じゃねえ

318 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:10:21.86 ID:mNoPtSx/0
人間とオランウータンの祖先は一緒だったわけだよな
ということは人間とオランウータンに分かれはじめた直後に、両者がセクロスしたら子供生まれるよな。
受精が出来なくなるのは、一体どの段階でどうしてそうなったか って解明されてる?

323 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:13:49.84 ID:JGUlB6Bi0
>>318
生物学的種概念では生まれないことになってる
実際にはだんだん成功率が下がっていくんだろうけど
受精ができなくなるのは生殖前隔離(そもそもセクロスしようとしないとか)と生殖後隔離(うまく減数分裂しないとか)がある

322 : 忍法帖【Lv=29,xxxPT】 投稿日:2011/09/16(金) 23:13:40.71 ID:4TyOt1bm0
蟻同士で戦争したりとかある?あるなら戦争の終結条件を知りたい

335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:18:05.93 ID:n/h6OxQ60
>>322
あるんじゃないか?
どっかの国のグンタイアリなんかは進行ルート上にある全てを排除して行進してるし

終戦条件はどちらか一方の殲滅かな

341 : 忍法帖【Lv=29,xxxPT】 投稿日:2011/09/16(金) 23:19:50.74 ID:4TyOt1bm0
>>335
サンクス。やっぱり皆殺しか・・・。蟻も大変だな。

361 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:28:29.87 ID:4CUEi/47O
>>341
蟻は蟻塚ごとにコミュニティを持ってるのと種族が同一ならオールオーケーなヤツがいるらしい

338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:19:08.41 ID:AbJmn6bZ0
>>322
女王が死ぬことじゃないかな

350 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:23:14.74 ID:JGUlB6Bi0
>>322
サムライアリでググれ

378 : 忍法帖【Lv=29,xxxPT】 投稿日:2011/09/16(金) 23:37:21.08 ID:4TyOt1bm0
>>350
ググった。すげーな、スムライ蟻。人間みたいなことするんだな・・・

331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:17:10.53 ID:g6V8Hel20
何で生物は種の保存や繁栄を目的にしてんだろ

337 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:18:37.05 ID:JGUlB6Bi0
>>331
生物は何も目的にしていない
意味は大分違うけど水に牛乳を一滴たらすと広がっていくのと同じ程度に目的などない

348 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:22:49.45 ID:Ud7mwsi00
>>331
連鎖的な化学反応が結果的にそういうふうに見えるだけ
生物っていうのは自分でレールを作るピタゴラスイッチみたいなもん

366 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:30:50.45 ID:rR0fQlP70
NHKのダーウィンが来たとか、海外の動物のドキュメンタリー番組とかで生物の生態を追ってる人たちって
生物学関連の学部からきた人たちなのかな
もう社会人で違う方向に進んじゃってるんだけど、昔ああいう仕事に憧れてた

373 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:33:44.60 ID:JGUlB6Bi0
>>366
番組スタッフが直接行く事もあるだろうし、撮影を外注することもある
外注される会社にはもちろん生物科とか水産科が多い

381 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:38:21.21 ID:n/liVDrM0
>>374-375
おk

あとさ、なんでムカデとかゲジゲジってあんなに足多いの?足の数だけ戦慄するんだけど

387 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:40:55.48 ID:n/h6OxQ60
>>381
その方が連中にとって生きてく上で効率的だから

389 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:43:06.26 ID:n/liVDrM0
>>387
どのように?

401 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:51:36.61 ID:n/h6OxQ60
>>389
足が多いのは原始的な型なんだが、
原始的なカタチそのままなのは進化する必要が無いと判断した結果であって…

詳しくはムカデやゲジゲジに聞いてくれ

413 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:56:49.72 ID:n/liVDrM0
>>401
そうか進化してないのか
ということは蛇やミミズは「足なんて一本も必要ないぜ!!」と判断したのか?

397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:48:46.47 ID:fug+SOfKO
>>389
細長い生物は、蛇やミミズのように這うのが効率がよい
つまり足があるとしても地面との接触面積を増やした方がよい
大型トレーラーみたいなもん

416 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:59:15.46 ID:fug+SOfKO
>>397
足なくしたほうが効率良かったから

実際蛇には足の痕跡ある
それに蛇ってノロいじゃんと思うかもしれないが、時速30kmぐらいで動けるやつもいるから、普通に移動性にも優れてる

ミミズはもともと先祖の代から、地中だったから必要ないからだったような気がする
ミミズはあんま自信ない

404 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:53:15.43 ID:n/liVDrM0
>>397
なるほど
じゃあ蛇やミミズに足が一本も無いのはなんで?

415 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:58:17.40 ID:4CUEi/47O
>>404
足が要らなかったから

ミミズは地中に暮らしているから走って逃げる必要もない

ヘビは確か足が退化してしまったらしい
腹の方に足っぽい跡が残ってるとか

408 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/16(金) 23:55:48.79 ID:2CPtF9n8O
>>404
その場その場で生存に有利だった奴が生き残って今の形になっただけ

393 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:46:13.82 ID:aNPNO2D9O
生物の食性ってそれぞれの種の
生物の遺伝子が決定しているの?
それとも食性によって長~い間の進化の過程で
遺伝子が少しずつ変わっていゆくことが
あったりするの?

398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:49:28.77 ID:JGUlB6Bi0
>>393
基本的には決まってるが、決まってないのもいる
カエルしか食わないヘビにトカゲ見せても食おうともしないが、なんでも食うヘビはけっこういろいろ食ってみようとする
昆虫食のトカゲを島に移植したら種子食に変化してた例とかある

414 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:57:20.23 ID:aNPNO2D9O
>>398
なるほどなぁ…
やはりいろんな条件下でやむなく食性が変わって
超長い年月の間に全く別とは行かないまでも
亜種とも呼べなくなる程度に別のものに変わっていく…
なんて場合があったりなかったりするのかな

431 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:05:40.32 ID:7Mho8BDtO
>>414
因みに日本人は食生活が変化して内臓なんかも欧米人のようになってきてるらしい

450 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:15:07.02 ID:Q5MjofOKO
>>431
内臓が欧米化…
なるなら足やらチンコやらが欧米化して欲しいですねぇ!

今ふと肉ばっか食ってるといずれ犬歯が発達するのか!?
とか思ったけど別に人は歯で狩るわけじゃないから
人の歯はあんま変わらんのかなぁ

406 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:54:20.29 ID:0OofNGZuO
なんで俺は男なのに女ではなくて男が好きなの?

407 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:55:20.09 ID:JGUlB6Bi0
>>406
動物にも同性愛は普通にあるから安心して淘汰されてくれ

410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:56:14.39 ID:rUHII0Fi0
魚て真後ろに泳げる?

426 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:03:37.42 ID:LZzu9UZH0
>>410
なにを後ろとするかだが、タツノオトシゴなら

427 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/17(土) 00:04:09.05 ID:plyTVwMy0
>>410
デンキウナギは前後に泳げる

411 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:56:29.89 ID:fFiSgjQAO
サンゴは動物ってくくりらしいけど脳とか心臓あるの?

418 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:00:06.66 ID:g9S3Tphd0
>>411
ない
動物っていっても脊索動物門の生き物と同じって意味じゃない
刺胞動物

412 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/16(金) 23:56:36.39 ID:MHC47RoF0
なぜ猿はトイレだけは覚えないのか

434 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/17(土) 00:07:53.87 ID:plyTVwMy0
>>412
なぜか木の上に住んでる動物はトイレを覚えないのが多い

420 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:01:07.33 ID:LZzu9UZH0
>>412
一箇所でするメリットがない
生態系からしてみれば種子散布してくれるのでトイレないほうが助かる

432 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:05:53.22 ID:H5lI403wO
>>412
そもそも哺乳類は嗅覚が重要な生物だから、排泄物は自分の存在を知らせる重要なもの
なので一ヶ所にしたら、自分の存在を示せる範囲が少なくなるから

419 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:00:52.25 ID:+PqroVZyO
学校の池に1、2cmくらいで中身が透けててバネみたいな内蔵が見えてる生物がいたんだけどなんなの?


421 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:01:59.94 ID:y8W2GKA00
>>419
ホウネンエビの仲間じゃないか

422 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:02:43.18 ID:+lyZFtmG0
>>419
それだけだとなんとも言えないけど
アオミドロかな?

430 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:05:08.20 ID:y8W2GKA00
>>422
アオミドロってあれビオトープがいつの間にか緑っぽくなって汚れてるやつの正体だぞ
んなにでかいわけあるか

438 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:09:07.95 ID:Eh3TQqccO
>>430アオミドロは目視出来るよ
水が緑になるのは別のプランクトン

447 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:13:58.47 ID:y8W2GKA00
>>438
嘘だあと思って図鑑で調べたら本当だった
しかしビオトープに発生して俺をしょっちゅう激怒させてくれたのはいい思い出

445 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:12:14.59 ID:oiKe3MRj0
ボルボックスでもないよな、そんなにでかくないし

429 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:04:33.78 ID:mLbLkQTG0
>>415-417
なるほどね手足あった方が速そうだけどな

ちょっと話飛ぶけど生まれつき目の見えない人って夢見んの?


437 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:08:50.34 ID:7Mho8BDtO
>>429
夢は記憶の整理らしいから見ると思う

442 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:11:19.17 ID:mLbLkQTG0
>>437
記憶の整理ったって視覚的な記憶が一切ないんだぞ?

454 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/17(土) 00:16:28.79 ID:H4dDHGxVO
>>442
見えてる人間と同一の視覚情報がないだけで脳の中にはなんらかのイメージが広がってるはず
それを整理してると思うよ

そもそも見えてる人間同士だって得た視覚情報が同じ映像として脳内に広がってるとは限らない

455 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:17:31.22 ID:7Mho8BDtO
>>442
でも他の感覚はあるからその情報を元に記憶の整理を行えると思う
多分だが一般的に夢を「見る」という感覚とは別物なんじゃないかな

449 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:15:02.34 ID:ejgNqSeS0
岡崎フラグメントを誰か簡単に説明してくださひ

456 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:17:32.91 ID:g9S3Tphd0
>>449
ポリメラーゼは一方向にしかすすめねーカスなんだよ

451 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:15:32.64 ID:KPsfhbIt0
なぜ、地球の陸生生物はすべからく「脚」というエネルギー的に非効率な器官を
哺乳類と節足動物ほど異質な生き物であっても、共通して持っているのか

車輪を進化させた生き物がいたっていいじゃないか

458 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:19:47.37 ID:rBehaH4WO
>>451 車輪は整地されていないでこぼこした道では不利
しかし水中のプランクトンには運動機関として輪を持ったやつが見つかっていたはず 調べてね

467 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:29:35.50 ID:H5lI403wO
>>451

車輪とか回転するものはある程度サイズが大きくなると、非常に効率が悪い

回転するのは、膜での物質の輸送などマクロな世界で役に立つ

452 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/17(土) 00:15:34.94 ID:86xGN1LX0
DNAがアミノ酸を指定する=たんぱく質を指定して
体が出来てるのは知ってるんですが
骨や脂肪などがはどういった遺伝情報で決まってるんでしょうか。

459 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:19:54.00 ID:g9S3Tphd0
>>452
身体の中のいろんな酵素はタンパク質だし、情報伝達物質にもタンパク質が使われている
タンパク質は機能で分けるとすげーいっぱいある

472 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/17(土) 00:36:00.08 ID:86xGN1LX0
>>459

酵素がタンパク質ってのは知ってるが・・・
じゃあDNAは酵素となるたんぱく質を指定することで
たんぱく質以外(骨や脂肪など)についての情報を
伝達してるっていうこと>

488 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:45:05.43 ID:g9S3Tphd0
>>472
脂肪だったら酵素が分解して胃か腸か忘れたけどで吸収して輸送タンパクで運ばれたりエンドサイトーシスで取り込まれたりする
経路はいろいろ
タンパク質はパシリ

463 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:25:04.76 ID:rEluI+uK0
ABO式血液型って、赤血球表面の抗原と血液中の抗体で決まるんだよね?
O型はすべての血液型に輸血できるらしいけど
O型は抗原無し、α抗体β抗体を持ってるらしいが
この血液をA型に輸血したら入った抗体とA抗原が反応して凝固しないの?

464 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:27:24.56 ID:rxnlHYPB0
>>463抗体って輸血しなくていいじゃん?
なら除去して輸血すればいいじゃん?













実際のところは知らないけど

469 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/17(土) 00:31:25.73 ID:H4dDHGxVO
>>463
多少凝集するけど全量じゃないから問題ない

471 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:35:33.49 ID:rEluI+uK0
>>464
なるほど
wikipedia見てみたが、輸血ってただ採った血を入れるんじゃなくて必要な成分だけ入れるみたいだな

>>469
サンクス
O型なら絶対大丈夫って訳でもないのね

479 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:40:37.30 ID:7Mho8BDtO
そういえば血液型ってなんの為にあるんだ

ゴリラはBオンリーらしいが

480 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:41:31.82 ID:y8W2GKA00
>>479
なんの為にあるのかなんて知らんわ
なんであるのかなら知ってるけどな

474 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:36:40.74 ID:LZzu9UZH0
何億っていう精子の中で1番に卵細胞にたどり着く奴ほど遺伝子的にも有能な奴ってことなの?
俺本当は2億番目くらいの実力だったのに間違ってたまたま1番になっちゃったのかなと大人になって気づき始めたんだが

485 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:43:27.82 ID:rBehaH4WO
>>474生物の進化の上でもたまたまって大事じゃね?
たまたま首が長いキリンが生まれたり たまたま模様が保護色で生き延びたり
自分で気がつかない人との違いを生かしたものが勝つんだよ

486 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/09/17(土) 00:43:58.81 ID:1CJB7W8D0
犬のちそこには骨があるってけど収納どうやってんだ?

豚のちそこがスパイラルなのは何故?

牛はひと擦り半でイくって本当?


491 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 00:50:06.44 ID:W02bFV6G0
>>486
犬ちんこはルヒーの骨風船と同じ要領で膨らむ
豚ちんこは子宮に直接射精するためのニョロニョロちんこ、精液も粘性を異常に高めたゼリー状で流れ出ず子宮に留まる
牛はわからん

493 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/09/17(土) 00:53:30.88 ID:1CJB7W8D0
>>491犬骨やなかったんか

豚の精液はドロドロです。
こうようぶつという塊が蓋の役割をするだけ
ソースは養豚してるオレの経験と学校での知識だけど
スパイラルの意味は分かった

牛は知らない

515 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/17(土) 01:23:24.25 ID:v37R2KbA0
膜構造はともかく代謝と自己複製って頑張れば情報みたいので作れないの?


526 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 01:34:26.21 ID:KPsfhbIt0
>>515
情報ってかプログラム的に再現されたものならごまんとあるけど
我々はそういうものを「コンピュータウイルス」と呼んでいます

534 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/17(土) 01:43:16.59 ID:2ljpWfZE0
なんで俺みたいなクズが淘汰されずに生き残ってるの?

536 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 01:44:44.24 ID:P9c2Ekiq0
>>534
集団の2割は屑。多様性確保のバッファーと考えられている

537 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 01:45:38.67 ID:y8W2GKA00
>>534
クズが淘汰されるとは限らない
クズが他の男殺しまくってクズだけになったらクズの遺伝子が受け継がれ……これも生物と関係ないよな
まああれだ、お前よりもクズなヤツがいたということだ

541 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 01:47:15.55 ID:cTMW8k2W0
俺が高校生の頃、「ミトコンドリアストップ」って歌を作ってた先輩がいたんだが、
ミトコンドリアがストップするとどうなるの?

542 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 01:48:54.47 ID:P9c2Ekiq0
>>541
余裕で死ぬ

546 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 01:50:43.76 ID:g9S3Tphd0
>>541
まず体の全てが動かなくなる
呼吸器も動かないから窒息死するじゃんやばい!と思ってるうちに心臓が停止する
そして脳がブラックアウトで死亡

545 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 01:50:26.90 ID:cTMW8k2W0
>>542
なるほど、物理化学しかやってなかったから、よくわからんかったんだ㌧クス

552 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/17(土) 01:59:17.80 ID:2ljpWfZE0
宇宙空間で生活する生物は存在しうるのか

555 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 02:05:05.33 ID:+Eb2nmA70
>>552
人間はすでに宇宙空間で生活してるぞ。
一個体がスタンドアローンで、という意味なら無理じゃないかな。

553 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 02:00:02.76 ID:cTMW8k2W0
RNAって何?なんか種類がいくつかあるみたいだけど・・・

565 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 02:18:53.57 ID:7wqSPcbc0
>>553
DNAを転写したもの。DNAが二重螺旋なのに対し、RNAは一重。DNAという設計図のコピー。
mRNAはDNAの情報を転写し、tRNAはその情報を元に各種アミノ質を集める
もう一つのRNAは失念したが、集めたアミノ酸を設計図通りに組み特定の働きを持つたんぱく質を作る。

578 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/17(土) 03:16:28.87 ID:86xGN1LX0
植物は人間と違ってセルロースとか、主に多糖類で体を形成するんだよね?
DNAはアミノ酸=タンパク質しか指定できなのに
どうやって体を形成する情報を伝えるの?
これも酵素とかでうまくやるの?

580 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 03:30:29.62 ID:P9c2Ekiq0
>>578
動物植物問わず酵素とかでうまくやってます

496 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/17(土) 00:58:24.39 ID:chSiPmF20
なんでウサギはうんこポロッポロなの?
あとなんで吐き戻しできないの?

509 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/17(土) 01:20:49.28 ID:chSiPmF20
うさぎのウンコの件・・・(´;ω;`)

511 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 01:22:09.06 ID:y8W2GKA00
>>509
クソワロタwwwwてかググれよwwww

510 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 01:21:52.65 ID:rxnlHYPB0
>>509草食で腸長いからじゃないの?

518 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 01:24:19.34 ID:Q5MjofOKO
>>509
ウサギはあんま水分補給しないから
乾燥したうんこポロポロ事件が起こるそうです

516 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2011/09/17(土) 01:23:35.67 ID:H4dDHGxVO
>>509
ウサギはベチャベチャのウンコも出すよ
ちなみに食べるのはベチャベチャの方だよ

519 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/17(土) 01:26:41.89 ID:dqJSGtu3O
うんこ情報ありがとう!(*´∇`*)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。