スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡部「クリスティーニャよ!」 紅莉栖「ニャ~♪」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 21:52:46.36 ID:rV2F/Sht0


【未来ガジェット研究所】

まゆり「はあ~・・・」 ショボーン・・・

岡部「ど~した、まゆりよ!? 常時能天気娘なお前がため息などつーいてー!?」

まゆり「むー、ひどいよ、オカリン! まゆしぃにだってブルーになる日があるのです!」

紅莉栖「何かあったの、まゆり? 私達でよかったら相談に乗るわよ?」

まゆり「えへへ~ありがとう、紅莉栖ちゃん♪ 実はまゆしぃ、お仕事で失敗しちゃったのです・・・」」

ダル「仕事? それってメイクイーンニャンニャンのこと?」

まゆり「うん・・・実はまゆしぃ、フェリスちゃんにメイクイーンの新しい制服のデザインを相談されてたのです。」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 21:54:32.35 ID:rV2F/Sht0


ダル「ちょっ!? メイクイーンの新デザイン制服!? マジっすかーーーー!?」

まゆり「うん。 フェリスちゃんが、『飽きられる前に次の手を打つのが、ビジネスの鉄則ニャ!』って。」

岡部「なるほど、それでコス作りが趣味のまゆりに意見を求めてきたのか?」

まゆり「うん。 まゆしぃね、一生懸命考えて、実際に作って持っていったんだけど・・・」

紅莉栖「却下されたの?」

まゆり「うん・・・『これじゃあ、エッチすぎてお巡りさんに怒られちゃうニャ。』って。」

岡部「どんなん持ってったんだ、お前は・・・」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 21:56:31.68 ID:rV2F/Sht0


まゆり「ここにあるよ。 オカリン、ここを持って広げてみて~」

岡部「どれどれ・・・ぬお!? 何だ、この露出度の高いメイド服は!?」

紅莉栖「パンツの見えそうなミニスカート!!
     胸元と背中、腋も大胆に開いている!!」

ダル「まゆ氏、これって『あれが私の御主人様』をイメージしてるん?」
ttp://shimg.surpara.com/shop/item/44/44756.jpg

まゆり「うん! まゆしぃは前からこの服と猫耳は似合うとおもってたの~!」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/03(土) 21:58:13.00 ID:rV2F/Sht0


ダル「フェイリスたんが、このコスで目を見て混ぜ混ぜをしてくれると思うと・・・みなぎってキターーー!!」

岡部「落ち着け、ダル! 却下されたと言っていただろう!」

まゆり「絶対気に入ってくれると思ったのにな~・・・」

岡部「バカモン! 現実にこんな格好で接待したら、完全に風俗だぞ!」

紅莉栖「ふうぞ・・・!? 岡部のHENTAI!!////」

岡部「何でだよ!?」

岡部「クリスティーニャよ!」 紅莉栖「ニャ~♪」の続きを読む
スポンサーサイト

紅莉栖「私はザンギエフ使うよ」岡部「じゃあ俺はサガット」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/21(水) 23:55:58.09 ID:49gw1g+E0

紅莉栖「何よこれ!全然近づけないじゃない!!」グルグルグルグル

岡部「なんだクリスティーナ?いらいらしてるのか~?」

紅莉栖「クリスティーナじゃなく…あ…」KO

紅莉栖「何よ!このゲーム!!」バンババン

岡部「生理のせいとは言わせんぞぉ~クリスティーナ」

紅莉栖「ぐぬぬぬ…」

紅莉栖「私はザンギエフ使うよ」岡部「じゃあ俺はサガット」の続きを読む

萌郁「これ……、見て……」岡部「ん?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 22:23:24.42 ID:tUkQP4sO0

岡部「なんだ、最終回か?」

萌郁「……」コク

岡部「これがどうした?」

萌郁「ここ……」

岡部「んー? なんだ、お前のシーンではないか」

萌郁「そう……」

岡部「なんだ、久しぶりに出たのを自慢したいのか?」

萌郁「…………ちがう」

岡部「ならばなんだというのだ」

萌郁「ここ……」

岡部「これは……、俺か?」

萌郁「……」コク

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 22:25:34.27 ID:TAAFRoCJ0

見てやろうじゃないか

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 22:27:33.78 ID:tUkQP4sO0

岡部「これがどうかしたか?」

萌郁「…………、右下……」

岡部「右下?」

萌郁「これ……」

岡部「製作 未来ガジェット研究所 とあるな」

萌郁「……」コク

岡部「まあ、あのシーンはエンドロールを流しながらだったからな。ちょうどそれが終わった所だよな」

萌郁「歌も……終わる……」

岡部「ん? ああ、そうだったかか?」

萌郁「……」コク

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 22:27:34.54 ID:KY1RbhMg0

いつもの人か
支援

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 22:28:23.70 ID:1a59EABR0

ああもえいくの人か

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 22:31:16.56 ID:tUkQP4sO0

岡部「で?コレがなんだというのだ?」

萌郁「…………」

岡部「どうした、言いにくい事か?」

萌郁「…………なんだか」

岡部「なんだ?」

萌郁「私が……、メインヒロインみたい……///」

岡部「…………」

萌郁「……」

岡部「……」

萌郁「ここで終わっても……よかった、よね?」

岡部「いや、『よね?』と言われてもな……」

萌郁「…………ダメ?」

岡部「………………ダメだろ」

萌郁「やっぱり……ルート、無いと……」

岡部「あ、いや…………すまん……」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 22:35:47.12 ID:tUkQP4sO0

萌郁「でも……、ここで終わっても……」

岡部「ん?」

萌郁「振り向いた時の岡部君…………かっこいいから…………///」

岡部「んなっ!!」

萌郁「終わりでも……解らないと思う…………」

岡部「ば、バカをいえ……///」

萌郁「ごめん、なさい……///」

岡部「まったく…………」

              萌郁の笑顔で泣きそうになったんだぜ おわり

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/14(水) 22:38:42.25 ID:WKdV85UD0

よくわからんが溢れ出んばかりのもえいく愛は伝わった

岡部「皆にフェイリスを隙間ピンクと呼ばせる」 フェイリス「…」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/18(日) 17:41:08.43 ID:1qqrYvQu0

暇潰しに書いたのですごく短いですがご了承願うニャン!

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/18(日) 17:41:54.72 ID:1qqrYvQu0

ラボ

岡部「ラボメン諸君よ!第666回円卓会議によくぞ集まってくれた!」

ダル「666って何の数字だっけ?」

まゆり「えーとねー…まゆしぃにはよく分からないのです」

紅莉栖「そもそもそんな回数やってないだろ」

岡部「細かいことは気にするな…さて、今日の議題だが…貴様らは気付いているか」

るか「気付いて、って…ま、まさか…」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/18(日) 17:45:24.13 ID:1qqrYvQu0

鈴羽「分かった!フェイリスだけ仲間はずれなんだね!」

岡部「その言い方には語弊があるが…まあその通りだ。敢えて奴だけ呼ばなかった」

ダル「なんでフェイリスたんだけ仲間外れにしたん?許さない絶対にだ」

まゆり「そうだよ~!仲間外れはよくないよ」

岡部「黙れ。まずはこれを見るのだ」

ダル「見ろって言われても…ただの電話レンジじゃね?」

紅莉栖「ま、まさか…岡部、これを…」

岡部「フゥーハハハ!助手は気付いたようだな!そう、これこそ…我が未来ガジェット研究所が今回執り行う実験…」

岡部「名付けて、隙間猫の堕落(チェシャー・ブレイク)」

ダル「パクリ乙」

岡部「皆にフェイリスを隙間ピンクと呼ばせる」 フェイリス「…」の続きを読む

フェイリス「凶真、凶真!遊園地ニャ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/15(金) 16:12:12.75 ID:FuiFZtqk0

FBからの指令で、岡部×フェイリスの純愛SSを書けと言われた

ちなみに俺の人生初のデートも遊園地


フェイリス「凶真、凶真!遊園地ニャ!」の続きを読む

紅莉栖「助手でも処女でもないと言っとろーが!///」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/30(木) 14:37:02.72 ID:yZ0UND6w0

ネタバレ注意

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/06/30(木) 14:38:12.17 ID:v7wExI580

わっふるわっふる

紅莉栖「助手でも処女でもないと言っとろーが!///」の続きを読む

紅莉栖「あんたの声・・・夜神月に似てない?」岡部「は?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/31(水) 03:47:20.48 ID:1izlr5va0

ダル「・・・」カタカタ

岡部「フゥーハハハ!だから助手、お前は甘いんだよ!」

紅莉栖「だから助手って言うな!・・・はぁ。駄目だコイツ、早く何とかしないと・・・」

岡部「相変わらずのねらーっぷりだな」

紅莉栖「うっさい!アンタに言われたくない!」

岡部「『駄目だこいつ・・・早くなんとかしないと・・・』だっておwwww
@ちゃん語を日常使用するのはダルだけで十分だおwwww」

ダル「人の事言えないお」カタカタ

紅莉栖「・・・ん?」

岡部「ん?どうした?急に黙り込んで・・・」

紅莉栖「ねぇ岡部、さっきのもう一回言ってくれない?」

岡部「さっきのって何だ?急にどうした?」

紅莉栖「『駄目だコイツ・・・』ってやつよ!早く!」

岡部「どうしたんだ急に・・・」

紅莉栖「早く!」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/31(水) 03:53:22.96 ID:1izlr5va0

岡部「う、仕方ないな・・・『駄目だこいつ・・・はやくなんとかしないと・・・』
こ、これでいいか?」

紅莉栖「・・・やっぱり」

岡部「は?やっぱり?やっぱりって何だ?」

紅莉栖「あんたの声・・・夜神月に似てない?」

岡部「は?」

紅莉栖「いや似てる!絶対似てるわよ!」

岡部「フゥーハハハ!俺があんな神気取りの厨二病とどこが似ているというのだ!
冗談にもほどがある!」

紅莉栖「絶対似てるって!橋田もそう思うわよね!」

ダル「だから皆僕に無茶振りするのはやめてほしいお
ただオカリンの声は前から聞いたことがあるとは思ってたお。まさか宮野声だとは・・・」

紅莉栖「意外よねぇ・・・他にも真似とかできないの?」

岡部「だから真似でもなんでもないわ!声真似が特技のマッドサイエンティストがどこにいる!」

紅莉栖「子安とかできないの!?ねぇ!」

岡部「お前はなんでそんなに必死なんだ!」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/31(水) 03:54:14.21 ID:IAafgoYt0

ダル「このエロゲのキャラの声、牧瀬氏に似てない?」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/31(水) 03:54:38.18 ID:9/kPrXgbO

んあー

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/31(水) 03:55:01.25 ID:0U42p/Dk0

んあーんあー!

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/31(水) 03:55:21.03 ID:S2twyAuF0

ダルの声誰にも似てなくね?スネ夫っぽくもドモンっぽくもないって逆にすごくね?

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/31(水) 03:55:33.49 ID:AhVDrSWv0

デスノートのアニメはもう5年も前になるのか

見たこと無いけど

紅莉栖「あんたの声・・・夜神月に似てない?」岡部「は?」の続きを読む

岡部 「この、胸を締め付ける感情は一体……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/12(月) 21:59:31.25 ID:9w9ZXGyK0


シュタゲSS
ネタバレなし
比翼恋理未プレイ
なのに、世界線3%越え
さるさん回避嬉しいです

岡部 「この、胸を締め付ける感情は一体……」の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。