スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡部「ゲームにすれば売れるんじゃないか・・・?」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/23(日) 21:56:38.11 ID:O2vzQ+VQ0

岡部「俺が経験したタイムリープ的あれやこれや・・・」

岡部「ラブコメあり、シリアスあり、そして最後は感動のラスト」

岡部「間違いなく、金になるシナリオではないか!」

岡部「フゥーハッハッハッ!これで俺も有名ライターの仲間入りだ!」

ダル「オカリンうるさいお・・・」


岡部「ゲームにすれば売れるんじゃないか・・・?」 の続きを読む
スポンサーサイト

α岡部「誰だ貴様は!?」岡部(しまった!!)

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/20(木) 20:47:23.86 ID:4w2XMQGS0



        --------------

鈴羽「いい? 自分自身との接触は絶対避けて」

鈴羽「深刻なタイムパラドックスが発生する可能性があるから」

        --------------


α岡部「貴様の顔、どこかで見たような………」

岡部(くっ、しくじった。まさかα世界線の俺に遭遇してしまうとは)

岡部(このまま俺が未来から来た岡部倫太郎だとバレたら、マズいことになる)

岡部(それならいっそ……)

α岡部「………!! 貴様まさか、俺と同じ顔を…」

岡部「あ、会いたかったよ、兄さん!!」

α岡部「!?」




α岡部「誰だ貴様は!?」岡部(しまった!!) の続きを読む

紅莉栖「私明後日にはアメリカに帰るの」岡部「だから?」

1 :鳳凰院クリスティーナ ◆xj9aPLjwyw :2011/08/27(土) 22:09:42.70 ID:5WJvH4F70

紅莉栖「いや、だからって……それだけだけど」

岡部「なんだそれだけか」

紅莉栖「……」

岡部「急に言っておかなきゃいけないことがあるなんて言うからよっぽどのことかと思ったぞ、全く人騒がせな奴だ」

紅莉栖「あ、ごめん……」

岡部「じゃ俺は今日は用事があるから戸締りは頼んだぞ」ガチャ

紅莉栖「……」

紅莉栖「……確かにそれだけだけど……もっと何かあってもいいんじゃない岡部……」グス

紅莉栖「私明後日にはアメリカに帰るの」岡部「だから?」の続きを読む

紅莉栖「ねえ、岡部。これ見てほしいんだけど」 岡部「……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/19(金) 22:24:29.32 ID:pDpNSlDu0

紅莉栖「……? おーい、岡部?」

岡部「……」

紅莉栖「何? 考え事でもしてるの?」

岡部「……」

紅莉栖「……まったく、返事くらいしろよな。まあいっか。ねえ、橋田ちょっとこれ見て」

ダル「所詮僕は二番目の男か。日陰で咲き続けるのがお似合いなんだお」

紅莉栖「……男が言うと気持ち悪い台詞だなそれ。っていうか、まじめな話なんだから茶化すな。FGNo10の改良計画なんだけど――」

ダル「……おお、これは――」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/19(金) 22:28:20.34 ID:pDpNSlDu0

まゆり「ねえねえオカリン、何を考え中なの~?」

岡部「ん? 何がだ、まゆり?」

紅莉栖「…………え?」

まゆり「え、え? だっていまクリスちゃんが……」

岡部「何を言っているのだまゆり。それより、そのからあげ一つもらってもいいか?」

まゆり「う、うん、いいけど……」

岡部「……うむ。相変わらずジューシーからあげナンバーワンは――」

紅莉栖「ちょっと岡部! 何? さっきのは私を意図的に無視してたわけ?」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/19(金) 22:29:41.38 ID:1SqhQjUD0

ほう


紅莉栖「ねえ、岡部。これ見てほしいんだけど」 岡部「……」の続きを読む

紅莉栖「岡部ってもしかしてホモなのかしら」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 18:26:46.04 ID:7R+KYnGT0

 

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/07/22(金) 18:27:58.35 ID:j5p1IplI0

はい











はい


紅莉栖「岡部ってもしかしてホモなのかしら」の続きを読む

紅莉栖「岡部のお布団にお邪魔したいと思います」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/19(金) 11:40:27.90 ID:ctoapaOo0

紅莉栖「皆さんこんにちは、こんばんわかな? 牧瀬紅莉栖です」

紅莉栖「今夜は岡部が最近、ラボにお布団を敷いて寝ていると聞いてやって来ました」

紅莉栖「時刻は午前2時を回る丑三つ時です」

紅莉栖「では、さっそく侵入したいと思います」

ガチャ……ガチャガチャ

紅莉栖「む、岡部のくせになまいきな! 鍵がかかってる……」

紅莉栖「まっ、合鍵の場所は解ってるから関係無いんですけどね」
ガチャリコ

紅莉栖「(お邪魔しまぁす)」

岡部「……zzz」


紅莉栖「岡部のお布団にお邪魔したいと思います」の続きを読む

フェイリス「爆発しちゃったニャ」岡部「」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/11(火) 19:29:28.46 ID:+pPDDT+70

フェイリス「ニャンニャニャンニャニャーン♪」

フェイリス「凶真ー!遊びに来たニャーン♪」


フェイリス「……あれ、誰もいないのかニャ?」

フェイリス「おーい、誰かいないかニャー?」

フェイリス「……」


フェイリス「つまんないニャー……せっかく遊びに来たのにー!」

フェイリス「……」

フェイリス「ニャんか面白い物ないかニャー」

フェイリス「ニャンニャン♪ニャンニャン♪」


フェイリス「お、おお!こ、これは……っ!?」

フェイリス「禁断の扉を開く、鍵!……正しく何かのボタンスイッチニャ!」

フェイリス「そこにボタンがあったら……やることはただひとつ……」



フェイリス「……ポチッとニャ!」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/11(火) 19:32:22.84 ID:+pPDDT+70

                | |        ※イメージ
                | |  ,..._
          ,.r-、 ,ry | |  ヒ;;;::}
      ィt:、 ,:'::::// '''´ | |  ,、.、  ,..,..._
      {:::}::}/::::r'ノィー::、 | |  ヾ、゙、//::::jr;::、
     ,rヾ''"ゞ=' 'ヾ.....⊃' ! !  ヽ''ヾ:、::;' `''",.=-、
     ー'’._ ,r'う {::jj ,.、、 _,...::::::''ヽ  ,.,´  {{::::::::ヽ.
    ,;'"'" ̄ヾ´,.., r::';;〃l'l::::;;:::::::f'_ ヾ'〃) `ヾ::::::/
   〈::::::::/ノ ヾ,jヽ='. ,,ヽへ-(ヾ::゙、 ゞ',.,.、 //::::/
    ヾ:::::゙、゙、 {{) {:::jj' ",,,,、 c;、ヽ='  ゙、::゙;ヾヾ/_
    ヾ::::/:ノ ,,,,_ (:ヾ'''⊆|:::::|P,r,r:、 ,:'''7  ``' ゙/〃
     ゙ー' /:::::;}}`",.,rt:、゙´ //::::/ ゙ー',.r::::、  _`'’
     r:::、、ヾ-''n.く:::;:::゙、゙、 ヾー' { ̄:::::ノ!,ィ'r':::|
     |::::::| |''ヽ`_,,.`'ヘ;r'ノ,..-:、_ _ `='-'" | |:::::|
  ___.   |::::::| |_`__|`ii'"''" /7 i'i::l´______|_|:::::| フェイリス<フニャァァァ!!
___|:::「____|:::::::`::::::::::::::::::::}}f´ヽ、`,..,゙、}:::::::::::::::::::::::::::|
 ̄ ̄ ̄| ̄|::::::::::::::::::::::::::ゞヾ;;;jj{{;;;ノ{{:::::::::::::::::::::::::::|
:::::: [][]::|:::::|:_i二二二ユ;;::「   ,...., ,f;ノ「 ̄ ̄ ̄「|::::||ヾヾ ̄ ̄
、,...... ._: |:::::|]]]]]]]]]]]]]]]'i||__ ヾ-’_|::::|_____」」;;;;||_ `ヽ、_

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/10/11(火) 19:38:48.24 ID:B+PPqkUS0

イメージが大惨事過ぎだろwww


フェイリス「爆発しちゃったニャ」岡部「」の続きを読む

紅莉栖「橋田、鼻血出てるわよ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/09/06(火) 21:02:46.14 ID:JpJNpyIO0

ダル「……」カチャカチャ

紅莉栖「はい、ティッシュ…」

ダル「……」!!

ダル「牧瀬氏、牧瀬氏、今のもう一度お願い」

紅莉栖「はあ?」

ダル「ハァハァしながら言ってくれるのキボンヌ」

紅莉栖「……」カァッ!

紅莉栖「このHENTAIが!!」

紅莉栖「橋田、鼻血出てるわよ」の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。